2014年1月アーカイブ

最近、北九州ネタばかりですね。

田舎者の私にとっては、見るもの聞くもの、
すべて刺激的な街で、ブラブラ歩くのも楽しい。

uomati1.jpg

いつも同じ道ばかりではなく、
ひとつ先の角で曲がってみたり、路地裏に入ってみたり・・・。

お店のシャッターや、看板や、張り紙。
映画館のポスターや上映案内、イベント情報 エトセトラ。

uomati2.jpg

ショーウインドウのマネキンは、洋服よりも、
本体の方に目がいきます。

手や足の動きだとか、顔の上向き具合とか・・・変でしょ(笑)

「途中でリタイアして、そのまま帰っても結構ですが、
その場合は名札に書かれてある番号を本部に連絡してくださーい。」

「具合が悪くなった時は、本部よりも救急車の方が、いいです。
自己責任で電話してくださーい。」

kanpo2.jpg

茶目っ気たっぷりの「注意事項の説明」のあと、
コース別に順番にゲートに向かい、
いよいよピストルの音でスタート。

傘を杖がわりに、キョロキョロしながら、
ゆっくりと歩いて約90分。

たまたま同じ頃に帰り着いた方と、手と手をつないでゴールイン!!


証明書を受け取り、景品を選び、
あたたかい「ぜんざい」をいただいてから帰りました。


kanpo1.jpg


「名札を返さなきゃ」と思ったら、「結構ですヨ」とのことで、
これから先、弱音を吐きそうな時、引っ張り出して気合を入れよう。

「あの時、ちゃんと最後までできたじゃない」って。

翌々日、しっかり筋肉痛だったけど・・・(笑)

関係者のみなさま、大変お世話になりました。
気持ちよかったです。


「地図には信号機の名前が入っています。」

「基本的に左側の歩道を歩きます。」

「必要と思われるポイントには警備員や、
ボランティアのスタッフが待機しています。」

ちゃんと曲がり角や分岐点で案内してもらったので、
地図でいちいち確認することなく、歩くことができました。

walk1.jpg

(スタート)勝山公園 ⇒ 市役所前 ⇒ 小倉北署前 ⇒ 西小倉小学校下 ⇒ 
青葉1 ⇒ 小倉高校前 ⇒ 交番前 ⇒ 日明3丁目(ここが分岐点)⇒ 
白萩町 ⇒ 小倉工高前 ⇒ 下到津 (ここで左折) ⇒
金田(小倉裁判所前の金田公園で小休憩) ⇒ 田町 ⇒ 
北九州ソレイユホール北 ⇒ 勝山公園(ゴール)

到津(いとうづ)で信号にかかったので【都市高速】の入り口をパシャ。

JR日豊本線の上の橋からは、いつも電車の窓から見ていた
【JR小倉総合車両センター】を表から。

walk2.jpg

歩いていたからこそ、撮れた写真ですね。


そういえば学生の頃、北九州市内には、
まだ西鉄の路面電車が走っていましたっけ。

第一回 北九州小倉ライオンズクラブ50周年記念事業
【手と手を合わせて50Kmウォーク】
少し前にチラシでご案内してましたよね?

50kiro2.jpg

土曜日は、まちづくり塾と、交流会があったにもかかわらず、
翌日の日曜日は、こちらのイベントに参加してきました。


以前は、車に頼りっぱなしで歩くことはほとんどなかったけれど、
最近、もくもくと(?)、よく歩くようになったので・・・。

雨の日も、風の日も。
ポカポカと暖かい日も、ブルブルと肌寒い日も。


この日はお天気がちょっぴり心配だったので、
「杖代わり」にもなるように
「折りたたみ式ではない傘」を持っていきました。


8時40分頃、受付場所(勝山公園)に到着。
参加料を払い、受付を済ませ、名札や地図をもらいます。

このイベントのことを教えてくださった方も
裏方さん(ボランティア)として、いらしたので、
早速、ご挨拶「おはようございま~す!!」


50kiro1.jpg


みんなで、準備運動代わりにやった【ラジオ体操第一】
ひんやりとした空気の中で、とっても気持ちがよかったなぁ。


20kmコースの方からのスタート。

15kmコースは、参加者が少なかったみたい。

10kmコースの方たちが出発した後で、
私も含めた5kmコースのスタートです。

おとうさん、おかあさんと、手をつないだお子さん。
ベビーカーを押しながらの若いお母さん。

自分たちのペースで無理のないように歩きます。
信号待ちで一緒になったり、離れたり・・・。

●心配していた雨も降らずに、絶好のお散歩日和でした。

みやこ町豊津の本屋さん
【瓢鰻亭(ひょうまんてい)・ひまわりこども】

こちらが発行している【ひまわりばたけ】
光畑浩治さんは「田舎日記」のコーナーの担当です。
会場で前田さんから最新号をいただきました。

この【ひまわりばたけ】が、光畑さんと私たちを繋いでくれたのです。


npo2.jpg


●光畑さんの講演は約90分。

まだまだ聞きたい話はいっぱいあったけど・・・。

(故)緒形拳さん主演の『復讐するは我にあり』の
行橋ロケのこととか、竹下しづの女のこととか。


休憩を挟んで、第二部へと進みます。
【参加者のみなさんと意見交換会】


土曜日の午後、他にも催し物がいろいろとあるのに、
私たちのNPOの会場に駆けつけてくださった、みなさま。

どうもありがとうございます。


npo1.jpg

会員の方からの、手厳しい意見もありました。
事務局の不手際、まちづくり塾の告知方法 etc...


行橋から参加し、一番後ろの席で我々のやりとりを聞いていた、
若い方が、「京築の若者の取り組み」のことを、
会場のみなさんに報告して下さいました。


●SNS(フェイスブックやブログ)での、つながりもそうですね。

ここ、みやこ町の『みんなのブログ』でも、
みやこ町のその日の出来事はもちろんのこと、
【京築まるごとナビのKD会】の様子や、
【くまわりファームさんの活動】や【みやこネット】のこともわかる。


私も微力ながら、会長や先輩方から教わったこと、
我々の活動のこと、をお伝えできれば・・・と。


『まちネット人ネット九州』というカテゴリーをクリックすると、
さかのぼって(約3年前までの)記事を読むことができます。
途中から加わったくせに、かなりデカイ顔してます(笑)

"法人を設立して6年目を迎えます。

シンポジュウムやイベント活動に取り組んでまいりましたが、
まちづくりに欠かせない人材育成と人発見については
まだまだ道半ばです。

魅力ある地域づくりのために、あなたの力が欠かせません。
どうかご協力のほどよろしくお願いします。"

みやこ町【四季犀館】にも置いてある
特産品の「かずら筆」

"私の本のタイトルは、そのかずら筆を使って
友人が書いてくれたものなんです。"

fude1.jpg

"作家の藤本義一さんが行橋で講演した折、
(旧)犀川町から柿ノ木原のかずら筆が送られ、
その筆が、名古屋の地酒「桶狭間」のラベル揮毫に役立った。"

そのことが書かれてある雑誌も、読ませてもらいました。

【地域づくりは、人づくり、継続は力】

" 日々の生活に楽しみを持つには、自分で考える事、
考えるのだからお金は要らない。

中村天風さんのことばに「人生はこころ一つのおきどころ」があります。
苦しみも、楽しみも、自分の考え方次第だ。

だから、楽しい思いを日々の暮らしの中に、
自分の思いの中に入れこむことで、変化が生まれる。

人間の細胞は、変化に、どう対応するか、で、
悪くなるまい、良くしよう、と思考が回天する、
と、忙しくなり、ボケ防止になる。

その思いを、ちょっと降って、自分の住む地域を考える。
楽しめる地域にするには、どうするか、をだ。

 まちづくりというと難しいようだけど、簡単
「こうしたい」と思うことを「こうしようよ」と
そばに居る人に言い続ける、すると変わる、
必ず、そうなっていく。

思ったら行動を起こすこと、たとえ時間がかかっても、
いつか必ずそうなる、ものです。"


fude2.jpg

" そこで大事なことは、伝える心。
もの、こと、を子や孫に正しく伝える作業を忘れてはならない。
だから学びは、子や孫と一緒に学ぶことで、
気が合う、それが絆となって結ばれてゆく、
そんな地道なコツコツが、ひと、もの、こと、を繋いでゆく。

星の王子さまではないが、大切なものは見えないところにある、
と言う言い方ではないでしょうか。

そして人を繋ぐ事が地域を繋ぐ事になり、
そこに一大文化圏が生まれてくる、
難しく考えないで行動すること。


 また、地域に残るものを大事にする心の育成、
で、そこに地域を学ぶ大切さが生まれてくる、と思います。

国の成り立ちは、一つ一つの地域が集って出来ている、
伝統や歴史は、すべて地域のもの、と言っても過言ではない、
地域があってこその国ですから。


 まず人が財産、宝、ということを基本に物事をすすめる。
そして物事は継続すること、重ねる、ということは、
重なってゆくと、それが重くなり、力になってゆく。

第○○回、となれば、それが伝統になる。
伝統になれば、それが、すでに力になっている。

 

 とにかく、いろんなことで自分が楽しむこと、
楽(たの)しめば、楽(らく)になる、字も同じ。

たとえば、新しい祭りを創造し、人々のふれあう機会をつくり、
祭りの信者を、あちこちに作れば地域が儲かる、
信者を横に書けば、儲かる、だ。"

          ~プログラムより引用~


スイスイ読めるのは、リズムがいいからですね。
私も見習って、句読点の使い方、勉強しなくては。

光畑さんの本は、これに方言がのっかり、
地元のネタが満載で、なおさら、心地良いのです。

平成26年1月25日 土曜日 曇りのち雨

苅田町立中央公民館:第五研修室 14時

2013年度 第二回まちづくり塾
《まち興しの話をしよう》

総合司会:九十九誠 副会長の開会のことばからスタートです。


kohata125.jpg


●主題の視点  「京築人発見シリーズ」

"まちづくりは人づくり人育てと申します。

人あってこそできるものですが、人育てには時間がかかります。

時間がかかっても将来のために人を育てる必要がありますが、
同時に地域には私たちが気づかない、
まちづくりまち興しの達人がいるはずです。

私たちが気づかないだけです。

この気づかない達人を発見することが「京築人発見シリーズ」で、
私たちの活動の一つです。

今回、光畑浩治さんを発見しました。

本人の希望もあり一方的な講演会ではなく、
講演者を交えまちづくりを一緒に考えたいと思い、
第二回のテーマと致しました。"

kohata126.jpg

1、開会のことば

2、開会の挨拶  北村速雄 会長

3、基調講演 「まち興しの話をしよう」 
  光畑浩治(こうはたこうじ)氏
「NPO法人豊津小笠原協会理事」「公財行橋市文化振興公社理事」

基調講演のレポートは、次回のお楽しみということで。

JR小倉駅からモノレールに乗って
二つ目の【旦過(たんが)】で下車 
片道(大人)100円

駅から、お散歩がてら歩いても、それほど距離はありません。

sugawara2.jpg

商工貿易会館側に降りると、すぐです。

●小倉(こくら)の「菅原神社」

最近は、この付近を歩きながら、野良猫とちょっと遊び、
手を合わせて、牛の「鼻」と「おでこ」をなでるのが日課。


sugawara1.jpg

みんなからも、なでられているようで、
そこの部分だけテカテカでした(笑)

3月16日(日)のTOEIC試験の申込を済ませました。

大宰府天満宮、築上町の綱敷天満宮、そして「菅原神社」
学問の神様、なにとぞ、よろしくお願いします!!

先週の土曜日、出版社(文芸社)主催
書店共催(ブックセンタークエスト小倉本店)の
「イベント」というか「説明会」に行ってきました。

本屋さんのエスカレーター横に置かれていた
チラシを見て、出版業界のことも勉強しておきたいなあと。

piero1.jpg

その中で、作家の中園直樹さんのミニ講演もあったのです。

"話すことと書くことは同じ"

"いじめ"ってタイトルについてたら、誰も手に取りませんよね。"
 

"オシャレでかわいい青春小説だと思って手に取ったら、
僕の世界に引き込まれるんです(笑)"

デビュー作:オルゴール

二作目:星空マウス

三作目:ピエロで行こう

四作目:チョコレイトの夜


piero2.jpg

今、少しずつ「ピエロで行こう」を読んでいます。

『ただ、今できることを。』
これは、ご本人のサインに添えて書かれているメッセージ。


2011年よりカナダの高校生2人発の
世界的ないじめ反対運動【ピンクシャツデー】


そういえば、以前、テレビでみたことがある。
日本に広めだしたのは、いじめを克服した中園直樹さんです。

平成26年1月18日(土)
大学入試センター試験 初日

center2.jpg

私たちの頃は「共通一時」試験って言ってたよね、確か。 

高校を卒業したら就職する予定で、
この時期、内定をいただいていたので、
私は受験とは無縁でしたが・・・。

毎朝、こちらの大学の前を通るのですが、
今日はいつもとちょっと違う。

center1.jpg

●駅に一番近いところには、緑色の【京都高等学校】

●中段の踊り場付近には、赤色の【育徳館】

●その上の青色の幟(のぼり)は【青豊高校】のようでした。

立ち入り禁止だから、階段も上っちゃいけないかなって(笑)

あと、1日。
ガンバレ、受験生!!

5Km + 10Km + 15Km + 20Km = 50Km


lion1.jpg

1月最後の日曜日に予定されている、
北九州市でのイベントのチラシを入手しました。

「北九州小倉ライオンズクラブ50周年記念
 東日本大震災復興チャリティー事業」

"手と手を合わせて50Kmウォーク"


■大会趣旨

北九州小倉ライオンズクラブ結成50周年に伴い、
東日本大震災復興と青少年の育成、また市の発展に貢献し、
市民の方に広くライオンズクラブを理解して頂くために
この事業を開催します。

家族や仲間と楽しく歩きながら北九州市の文化や風景に親しみ、
健康づくりを目指しましょう。


●5Kmコース(所要時間の目安:約1時間15分)

●10Kmコース(所要時間の目安:約2時間30分)

●15Kmコース(所要時間の目安:約4時間)

●20Kmコース(所要時間の目安:約5時間)


全部のコースを足していくと、
ほーら、ちゃんと50Km!!

lion2.jpg

■参加資格

大会の決まり、ウォークマナー(特に交通ルール)を守れる人で
国籍、年齢、性別は問いません。
ただし小学生以下は保護者、歩行に障害のある方は
介助者の同行が必要です。


※申込締め切り・・・1月20日(月)
まだ間に合いますヨ。(参加費は当日受付にて)


車や電車やバスで移動することは多くても、
なかなか自分の足で歩かないから、
普段は気づかずに見過ごしているものが、
きっと、いっぱいあるはず。


●おもしろい看板や、記念碑や、お地蔵さん。

●今まで知らなかったステキなお店や、
洋服屋さんのウィンドウのディスプレイや、
各飲食店のおすすめメニュー。


うーん、やっぱり気になるなあ。


体力には自信ないけど、5Kmコースだったら、
なんとか、ついていけるかも。


平成26年1月13日 (月)午後

行橋まで買い物に行ったので、
【コスメイト行橋】に、ちょっと寄ってみました。


63wako2.jpg

行橋市民大学の高田先生(和光塾:塾長:高田幽玄氏)から、
年賀状兼、和光展のご案内をいただいていたのを思い出したので。


会場にいらした高田先生にごあいさつをして、
お話をうがかいました。

●こちらの作品は1960年に書かれたそうで・・・
えっ、50年以上前???
私、まだ生まれてないし。

1月11日(土)~1月13日(月)
最終日は搬出の為、午後4時までということで、ギリギリセーフです。


63wako1.jpg

2F展示室の向かいは【行橋市歴史資料館】
ちょうど特別展の「秀吉・黒田官兵衛見参 ~馬ケ岳城の世界~」も
始まったばかり(1月10日~12月24日)

こちらも、とっても見応えがありました。
お友だちの田舎爺さんは、開館と同時に行ってましたヨ。
彼のブログは読み応えがあり、教わるところもたくさんで、
毎回楽しみにしています。

金曜日の夜にNPOの理事・監事会があり、
当日の役割分担も決まりました。

26uma2.jpg

【第2回まちづくり塾&新年交流会】
 ~ 京築人発見シリーズ ~

●日時:平成26年1月25日(土)
14時開始(13:30受付)

●場所:苅田町中央公民館

●「まち興しの話をしよう」 
『ふるさと私記(しき)』の著者:
光畑浩治(こうはたこうじ)さん


26uma1.jpg

目次より

『ふるさと人物誌抄』
『京築紀行』
『ふるさとの橋』
『つれづれに』
『京築のむかし話』


"ふるさとを守る、伝えるということは、人それぞれが、
郷土のことを楽しく語ることなのかもしれない。"

"傑出した先達がおり、ここだけに伝わるものがある。
ほかにはない景色が広がり、土地に残る心がある。
そんな心を大事にしていきたい。"

         ~ 本の帯より引用 ~

●会員以外の方は資料代として¥500
(事前の申込は不要です。当日、受付にてお支払い下さい)

「あなただったら、光畑さんのことを何と紹介しますか?」
案内状を作る時、会長からそう投げかけられたのですが、
あまりにもいろいろと候補がありすぎて・・・。


NPO法人:豊津小笠原協会理事
(財)行橋文化振興公社 理事
作家・郷土史研究家・エッセイスト etc...


こうして、ブログの記事を書いていたら、
もう一度、この本を読み直したくなりました。


※当日、会場でみなさまのお越しをお待ちしています!!


追伸:終了後は場所を移動しての新年交流会
(希望者のみ)(別途実費)も予定しています。

北九州市小倉北区の商店街。

●朝、気になっていたこの黄色い幟(のぼり)

【小倉十日ゑびす祭 宝恵かご道中】
(小倉中央商業連合会)

「そうか、今日は10日だから、なにかあるのかな?
 帰りもここを通ってみようっと」


ebisu2.jpg

日中は人通りが多くて、キョロキョロするのは、危なっかしい。


だけど、開店前のひっそりとした朝の商店街は、
両サイドのお店のシャッターや看板や張り紙を
じっくり見れるので、けっこうお気に入りのスポットです。

旦過市場の魚屋さんの店頭では氷が敷き詰められているところだったり、
八百屋さんの前では、小分け作業をしていたり、
お惣菜屋さんの前を通ると、おいしそうな匂いに鼻をくすぐられたり・・・。


ebisu1.jpg

夕方の魚町交差点あたりで「かご」を発見。

お目にかかれてラッキー!!
今年1年いいことが続くかも???

JR黒崎駅舎を背にして、左手が「黒崎井筒屋」

●右手が今回の目的地の「北九州ひとみらいプレイス」です。

どちらへも「ペデストリアンデッキ」で、つながっています。

スロープや階段沿いにも【軍師 官兵衛】の幟(のぼり)が、
ズラズラズラ~っと並んでました。

mirai1.jpg

「北九州国際交流協会」のメールマガジンの配信を受けているのですが、
こちらに移転したというので、気になっていたし・・・。

7階・・・子どもの館

6階・・・ハローワーク、社会福祉協議会ボランティアセンター他

5階・・・西部障害者福祉会館、点字図書館、聴覚障害者情報センター

4階・・・西部県税事務所(4階~6階には八幡西区役所も入っています)

3階・・・北九州国際交流協会、市民活動サポートセンター他

2階・・・若者ワークプラザ北九州・黒崎、九州国際大学地域連携センター他

1階・・・黒崎歴史ふれあい館(1階~3階には八幡西生涯学習総合センターも)

B1・・・第2夜間・休日急患センター、くろさき少年支援室、ユースステーション他

mirai2.jpg

「まちづくり」は「ひとづくり」

"それぞれの目的や機能が異なる8つの施設が
「人づくり支援」という共通の目的を目指す、
北九州では初めての複合施設です。"

    ~ パンフレット(安藤所長のあいさつ文)より引用 ~


いいな、いいな、ここ。

駅からすぐだし、いろいろな施設が集中してるし、
NPO関係の資料や本も充実しているし。


わが町にも欲しい!!


いつもは日豊本線を利用しているのですが、
たまたま用事でJR鹿児島本線で黒崎まで行ったので、
駅前の風景をパシャ。

koyanose1.jpg

まず、目に飛び込んできたのが、
【軍師 黒田官兵衛 ゆかりの黒崎宿】の、白い幟(のぼり)

●京築地方だけでなく、こちらでも盛り上がってます!!

その横になにやら「案内板」があるので、一緒に見てみましょう。

koyanose2.jpg

【北九州市立 長崎街道 木屋瀬(こやのせ)宿記念館】となっています。
「いんふぉめーしょん」が「ひらがな」なのがレトロっぽい(笑)

2枚のチラシが上からペタペタ貼られていましたが、
関連のイベントの告知だったら、仕方ないワ。

「第13回 木屋瀬いろは歌留多(かるた)大会」と
「New Yearコンサート in こやのせ座」


駅からは、ちょっと距離がありますね。

1月になり、カレンダーは新しくなりましたが、
リースはかわいいので、そのまま持越しです。

otosidama1.jpg

クリスマスパーティーの後で、「新年会を・・・」という
話が出ていましたが、ホントにやりましたヨ(笑)

みなさんの持ち寄り品のすごいこと。
サラダに、栗きんとんに、旅行のお土産のお菓子。

それとは別に、オードブルと肉まんと餃子もお店に頼んでて、
ジュースにお茶に、デザートのみかんまで。

おなかいっぱいで、ごきげんなのに、
なんと、お年玉まで用意してくれていたのです。

otosidama2.jpg

自家製の野菜(葉っぱ付きの大根や、にんじん) 
ブロッコリーが当たった人は大喜び!!

嬉しい、楽しい、年明け初日、登校日のできごとでした。


さあ、新年。

大河ドラマ【軍師 官兵衛】の初回は1月5日(日)ですヨ。

kurod1.jpg

年末前に配布された町の広報紙(12/25号)に
はさみこまれていた「福岡県だより 2014年1月号」には、
福岡県内の"黒田官兵衛ゆかりの地"が見開きで紹介されています。


京築地方では、「苅田町」の【松山城跡(まつやまじょうあと)】に、
「築上町」の【城井ノ上城址(きいのこうじょうし)と天徳寺(てんとくじ)】
私がこの前レポートした「豊前市」の【求菩提(くぼて)資料館】
「行橋市」と「みやこ町」にまたがる馬ケ岳城跡(うまがたけじょうあと)。


kuro2.jpg

ちょっと足を伸ばせば、北九州市の【小倉城】に、大分県中津市の【中津城】

飯塚市や嘉麻市、糸島市や太宰府市。
「博多方面」では【福岡城】や【光雲(てるも)神社】

九州が登場するのは、後半でしょうが、
「ご当地ソング」ならぬ「ご当地大河ドラマ」

キャラクター【ふくおか官兵衛くん】も、頑張ってまーす。

平成26年1月1日

新年あけましておめでとうございます。

fukub2.jpg

【午年】ということで、我が家になにか「馬にちなんだもの」がないかと
探していたら、出てきました・・・馬のぬいぐるみ。

しかもピコピコと音がするハンマー(笑)
ずいぶん前に夫がUFOキャッチャーでGETした景品です。

【第24回 高松宮杯 ナイスネイチャー】

【第38回 有馬記念 トウカイテイオー】

なんだか懐かしい響きですね。

fukukb1.jpg

苅田町の宇原神社に初詣に行きました。

交通安全のお守りを買い、「開運みくじ」を引くのが
毎年恒例、夫と私の「元日の儀式」

気になる学業は・・・ふむふむ、なるほど。

3月の試験で高得点を出せるようにと、
苦しいときだけの神頼み。


そのあとで「スイーツの福袋」を買いました。

チョコレートにクッキーにキャンディー。
どれもおいしい。ちょっぴり贅沢。

ささやかだけど、なんか幸せ。


●このノリで「縁起の良い初夢」が見れますように!!

このアーカイブについて

このページには、2014年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年12月です。

次のアーカイブは2014年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.04