の最近のブログ記事

先週の土曜日、出版社(文芸社)主催
書店共催(ブックセンタークエスト小倉本店)の
「イベント」というか「説明会」に行ってきました。

本屋さんのエスカレーター横に置かれていた
チラシを見て、出版業界のことも勉強しておきたいなあと。

piero1.jpg

その中で、作家の中園直樹さんのミニ講演もあったのです。

"話すことと書くことは同じ"

"いじめ"ってタイトルについてたら、誰も手に取りませんよね。"
 

"オシャレでかわいい青春小説だと思って手に取ったら、
僕の世界に引き込まれるんです(笑)"

デビュー作:オルゴール

二作目:星空マウス

三作目:ピエロで行こう

四作目:チョコレイトの夜


piero2.jpg

今、少しずつ「ピエロで行こう」を読んでいます。

『ただ、今できることを。』
これは、ご本人のサインに添えて書かれているメッセージ。


2011年よりカナダの高校生2人発の
世界的ないじめ反対運動【ピンクシャツデー】


そういえば、以前、テレビでみたことがある。
日本に広めだしたのは、いじめを克服した中園直樹さんです。

北九州市立旧百三十銀行ギャラリーでの
「エンジェル~クーボウへ」こころの軌跡展 は
3日間だけだったので、終わってしまったのですが・・・。

tonos1.jpg


大阪市営交通110周年記念
【クーボウ・宇宙の音色展】
CUUBOU TONOS DEL UNIVERSO

"ぼくはクーボウ ぼくとみんな みんなとみんなのハーモニー"

こちらは2013年10月27日(日)~
2014年3月30日(日)まで
大阪で開催中です。

●開催場所:ギャラリーメトロ心斎橋
(地下鉄 長堀鶴見緑地線 心斎橋駅構内 B2階)

主催:大阪市営交通110周年実行委員会

協賛:株式会社リマインド


tonos2.jpg

『クーボウ』は、『誰にも見えない時の生命』
色のつぶ、音の粒が響き合って、命のハーモニーが生まれているのです。

九十九伸一さんが比叡山を訪ねた時、
山全体を吹き抜ける風に心が包まれて
宇宙に運ばれていくような「気」を感じて、
その時の印象が発想の軸になっているという。

"楽器は描いてないんですよ。
その音に限定されてしまうから。"

先日、ご本人からそのような話をききました。


でも、クーボウの絵を見ていると、
楽しそうな音が見えるし、聞こえてくるし、遊んでる。


子どもの頃の記憶だったり、心地いいものに包まれて
ホッとしている感覚だったり、いろんなことがミックスされ、
毎回違う「自分だけのメロディー」

あなたは、どんな響きを感じますか?

【エンジェル ~ クーボウへ】
九十九伸一(つくもしんいち)こころの軌跡展


syuza12.jpg


行橋市出身の九十九伸一さん。 
(バルセロナを拠点に活躍中の画家で、
私よりも10歳上でしたが・・・お若い!!)
今、日本に一時帰国されてます。

今月末の3日間、北九州市八幡東区の
北九州市立旧百三十銀行ギャラリーで展示会があります。
初日には、ご本人も会場にいらっしゃるとか。

主催:特別非営利活動法人 こころの声を伝えよう実行委員会
特別協力:株式会社 糀組

"バルセロナを拠点に活躍する九十九伸一が、
故郷のNPOとコラボして生まれた絵本
「クーボウうちゅうのねいろ」原画を中心に、
2002年以降のエンジェルコレクションから
クーボウまでの軌跡をたどる作品展・・・
辰野金吾設計の旧銀行建築とのマッチングも楽しみ。"

    ~ パンフレットより ~  


syuzai1.jpg


今日は、ご本人と「NPOこころの声を伝えよう実行委員会」のsimizuさんとで
北九州市の市立中央図書館に【クーボウうちゅうのねいろ】の絵本を
寄贈するということで、ちゃっかり同行してきました。

新聞各社もその様子を取材に来てましたので、
それぞれの記者さんが、どういうふうにまとめて、
どの紙面に、いつ出すのかが楽しみです。

「ヤセイリョク」
「野性力」? 「野生力」?

野性 ⇒ 生まれたままの荒々しい性質

野生 ⇒ 動植物が山野の自然の中で成長すること。
また、その動物や植物。

~旺文社 標準 国語辞典 より ~


福岡県京都郡みやこ町。

11月16日(土)、11月17日(日)は産業祭。
初日の様子は、多分ブログ仲間がアップしてくれるはず。

今月号のBEPALは猟師さんの特集でした。
残念ながら、みやこ町の話題はなかったけれど、
北海道から九州まで計11人が紹介されています。

tg2.jpg

「野性力」でジンセイ変わります!

猟師さんたちの自慢のワナやナイフ。
山に入るときの小道具一式。
こだわりの焚き火テクニック。

「刃物」と「火」
キャンプに限らず、災害時などでも必ず役にたつ。
というか知ってないと命にも関わること。

tg1.jpg

先日、馬ケ岳に行ったときのおみやげ。
同行者が両方の手のひらいっぱいに拾ってました(笑)

今月号ではドングリ特集も。
"野生は意外と近所にある。"かなり強引だけど・・・。

「コナラ」に「クヌギ」に「マテバシイ」
色をつけてコマにしたり、バランスをとってやじろべえにしたり。

産業祭の会場にいる、
おいちゃんやおばちゃんたちの日常生活における
「生活の知恵」こそ、「ヤセイリョク」そのものです。

さあ、今日行きそびれたみなさん、
11月17日(日曜日)、繰り出しましょう!!

平成筑豊鉄道:犀川駅下車 徒歩約10分
犀川支所前が会場です。


行橋市民大学の「文学、映画・・・そしてジャズ」の回では、
まだまだたくさんの映画や本を紹介してもらいました。

図書館に行くたびに探そうとするのですが、
他の本に目移りしてしまって・・・(笑)

eiyaku2.jpg

「英語圏の子どもたち」は、『マザーグース』と同じように
ほとんど読んでるんじゃないかなあ。『オズの魔法使い』


外国語の本って、翻訳者によって雰囲気がずいぶん変わってくる。
本の表紙の絵も、著者の名前も、微妙に違います。


そういえば、前にリンボウ先生の講演会で、
ボストン婦人の『グリーンノウのこどもたち』も、
カチカチのむずかしい訳と、読みやすい訳があるって言ってたっけ。

NHKのラジオ講座の【英語で読む村上春樹】
この番組に出会ったことで、もっと深く掘り下げてみたくなりました。

日本語原文で、英訳されてない部分もある。

「台所」と「キッチン」と「kitchen」の使い分け。

「ミミズ」と「虫」と「worm」にみる
日本人と稲作とのつながり(?)や、水田の生き物へのあたたかいまなざし。


eiyaku1.jpg

村上春樹氏は小説家ですが、アメリカ文学翻訳家でもあります。

トルーマン・カポーティの『ティファニーで朝食を』

F.スコット・フィッツジェラルドの『グレート・ギャツビー』は、
今年話題の映画:『華麗なるギャッツビー』の原作本です。
主演は、レオナルド・ディカプリオ氏。
『タイタニック』の、あの、レオさまです。

約40年前、1974年の映画はロバート・レッドフォード氏の主演。
本と映画、旧作と新作。
読み比べたり、見比べたり。


そこに音楽が絡んだら・・・楽しみ方は無限大!!


「ふるさと私記」海鳥社
著者の光畑浩治さんは行橋の方です。

kohata1.jpg

先日、偶然ですが、お話をする機会があり、
その時に教えていただきました。

「ふるさとしき」の「しき」はてっきり
「四季」だと思ったのですが「私記」


後日、図書館(の分館)でふと【郷土史コーナー】を見ると、
あったんですね、ちゃんと。めぐり合わせかもしれません。


【行橋】のことを、う~んと身近に感じる本です。
もちろん、京築エリアの他の市町のことも書かれてて・・・。


●この本を読んでからガイドブックを見ると、なおさらよくわかります。

私にとっての「ふるさと」は、
やっぱり(旧)国鉄:田川線時代の犀川駅であり、
硬券の切符や、通学用定期券であり、
体育館の前のお好み焼き屋であり・・・。

kohata2.jpg

この角度からの「馬ケ岳」は、ちょっとおすまししてるみたい。
見慣れている今川土手方向からとは、また違う顔。

近々、この山に登ることになりました。
(お天気しだいですが)


どれどれ、先日の行橋市民大学の資料でちょっと予習と復習を。


とんがってる方が「二の丸」で、平らな方が「本丸」
同じくらいに見えるけど、本丸の方が10M位高いんでしたよね。

体力なし、へっぴり腰、登山初心者。
ああ、見事に三拍子そろってる。。。
果たして大丈夫だろうか(笑)

本丸の中央当たりに、ひょこっと見える1本の木が、
なんだかとってもお茶目です。

野田兼司さんの著書のご紹介。

noda3.jpg

数字の桁数の数え方。

いち じゅう ひゃく せん 
まん じゅうまん ひゃくまん せんまん
いちおく じゅうおく ひゃくおく せんおく ・・・

このへんになると我々庶民には縁のない数で。

24桁の数字 わかりやすいように四桁ずつ区切ってみました。
カンマをつけるのは3桁ずつですね。

3974 2525 1465 1846 2095 2961

397,425,251,465,184,620,952,961

億 の上が 兆 で
兆 の上が 京 で
京 の上が 垓 。


で、この本のタイトル【参千垓の謎】
さんぜん きゅうひゃく ななじゅう よん がい・・・と続きます。

"企業が土壌汚染を起こすサスペンス小説"

"どこまでがノンフィクションで、
 どこからがフィクションなのか?"

noda4.jpg

「読書の楽しさを伝え、災害の多発する時代にどう生きるかも考えてほしい。
 小説続編を書く体力はないが、来る日まで平凡な日々を楽しみたい」

               ~前回に引き続き 新聞記事より抜粋~

  

開講式は約30分。
そのあと休憩を少しとり、合同講座のスタート。

休憩時間に、とてもいい写真が撮れました。

nagomi3.jpg


西日本工業大学非常勤講師:岡田清隆氏 
(アートディレクター、イラストレーター)
福岡県立京都高等学校の美術の先生でもありますね。

「なごみの美夜古心(みやこごころ)~古代から明日を学ぶ」
実は私、予定があったので、岡田先生の講座は受けてないのです。。。
なので、昨日から少しずつ、こちらの本を読んでいます。


nagomi2.jpg


『豊の玉姫 御伽草子』
TOYONO TAMAHIME OTOGI ZOUSHI

巻末の参考文献の数の多さ。
京築の地名があちらこちらに登場し、
方言も心地よく、リズムに乗ってスラスラと読めます。

初対面でしたが、はにかみつつ、
とてもステキな笑顔で対応してくださった岡田先生。
どうもありがとうございました。

またどこかでバッタリ会ったら、是非お話を聞かせてください。


絵本 クーボウ うちゅうのねいろ

昨日1枚のチラシをいただきました。
NPOこころの声を伝えよう実行委員会の方からです。

kubou1.jpg


"ぼくはクーボウ 
 いつでも どこでも
 ぼくはいるよ・・・"

絵:つくも しんいち
文:やまもと まこと

「クーボウ」ってなんだろう、気になるなあ。

この絵本の完成披露ミニライブの案内でした。
10月20日(日曜日) 
①14:00~ と  ②17:00~ の二回。


下の方に予約票があり、そこにはこう書かれています。


◎全国の幼稚園・保育園ほか100ケ所に寄贈いたします。
 子どもたちの情操にお役立てください。

◎寄贈先のご紹介を承ります。
NPOまでお問い合わせください。

この本に触れた人みんなが幸せな気分になれますように。
                       by 剛のファン

kubou2.jpg

彼女とのご縁は、7月に行った映画の上映会
【INORI  ~サムシンググレートとの対話~】
この日のことも、映画のことも、ブログでレポート済みですね。

チケットの半券は、この日の記念にと、
帰りに買って帰った【アンコールまいにちドイツ語】の
テキストの「しおり」として使っています。

マルセイバターサンドの箱から切り抜いたものも、
しおりがわり。


これは北海道のお友達に、初めて宅急便で品物を送り、
お返しにといただいた記念だから、残しておきたくて。

どちらも、わたしにとっては大切なたからもの。


ふとした拍子に目に入るだけで、
あの時のやりとりを思い出し、
ふんわりと幸せな気分になれるアイテムです。

寝殿造[り]   
しんでんづくり

名詞:平安時代、貴族の住宅につかわれた屋敷の建てかた。
寝殿を囲んで建つ建物がそれぞれ廊下でつながっている。


sinden4.jpg

【2LDK】といっても、この時代の人たちがわからないように、
【寝殿造り】が、どのような構造なのか、それを知らないことには、
この【源氏物語】は読み進められない。

ちょっとニュアンスが違うかも知れないけれど、
このようなことをおっしゃってました。


省筆(しょうひつ)・・・(この時代)わかりきっていることは省略。

文中、あちらこちらに出てくる「和歌」も五・七・五・七・七
全部書かれているわけではなく、五だけだったり七だけだったり、
そこから調べるのにまる一日かかったこともあるという。
気が遠くなりそうな、地道な作業。


sinden3.jpg

文中の【妻戸】や【几帳】や【母屋】といった単語。
「空蝉」を読み進めながら、ひとつひとつイラストで説明して
くださるリンボウ先生。

【几帳】というのは、「パーテーション」ですね。
【帳台】は「ベッド」で、【すのこ】は「ウッドデッキ」

時間が足りなくなって「末摘花」は朗読のみとなりました。

「けちょんけちょん」にけなされている「末摘花」だけど、
他人とは思えなくて、好きなキャラクターです(笑)

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは日豊本線沿線:北九州です。

次のカテゴリは福岡県行橋市です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.04