まちネット人ネット九州の最近のブログ記事

みやこ町豊津の本屋さん
【瓢鰻亭(ひょうまんてい)・ひまわりこども】

こちらが発行している【ひまわりばたけ】
光畑浩治さんは「田舎日記」のコーナーの担当です。
会場で前田さんから最新号をいただきました。

この【ひまわりばたけ】が、光畑さんと私たちを繋いでくれたのです。


npo2.jpg


●光畑さんの講演は約90分。

まだまだ聞きたい話はいっぱいあったけど・・・。

(故)緒形拳さん主演の『復讐するは我にあり』の
行橋ロケのこととか、竹下しづの女のこととか。


休憩を挟んで、第二部へと進みます。
【参加者のみなさんと意見交換会】


土曜日の午後、他にも催し物がいろいろとあるのに、
私たちのNPOの会場に駆けつけてくださった、みなさま。

どうもありがとうございます。


npo1.jpg

会員の方からの、手厳しい意見もありました。
事務局の不手際、まちづくり塾の告知方法 etc...


行橋から参加し、一番後ろの席で我々のやりとりを聞いていた、
若い方が、「京築の若者の取り組み」のことを、
会場のみなさんに報告して下さいました。


●SNS(フェイスブックやブログ)での、つながりもそうですね。

ここ、みやこ町の『みんなのブログ』でも、
みやこ町のその日の出来事はもちろんのこと、
【京築まるごとナビのKD会】の様子や、
【くまわりファームさんの活動】や【みやこネット】のこともわかる。


私も微力ながら、会長や先輩方から教わったこと、
我々の活動のこと、をお伝えできれば・・・と。


『まちネット人ネット九州』というカテゴリーをクリックすると、
さかのぼって(約3年前までの)記事を読むことができます。
途中から加わったくせに、かなりデカイ顔してます(笑)

"法人を設立して6年目を迎えます。

シンポジュウムやイベント活動に取り組んでまいりましたが、
まちづくりに欠かせない人材育成と人発見については
まだまだ道半ばです。

魅力ある地域づくりのために、あなたの力が欠かせません。
どうかご協力のほどよろしくお願いします。"

みやこ町【四季犀館】にも置いてある
特産品の「かずら筆」

"私の本のタイトルは、そのかずら筆を使って
友人が書いてくれたものなんです。"

fude1.jpg

"作家の藤本義一さんが行橋で講演した折、
(旧)犀川町から柿ノ木原のかずら筆が送られ、
その筆が、名古屋の地酒「桶狭間」のラベル揮毫に役立った。"

そのことが書かれてある雑誌も、読ませてもらいました。

【地域づくりは、人づくり、継続は力】

" 日々の生活に楽しみを持つには、自分で考える事、
考えるのだからお金は要らない。

中村天風さんのことばに「人生はこころ一つのおきどころ」があります。
苦しみも、楽しみも、自分の考え方次第だ。

だから、楽しい思いを日々の暮らしの中に、
自分の思いの中に入れこむことで、変化が生まれる。

人間の細胞は、変化に、どう対応するか、で、
悪くなるまい、良くしよう、と思考が回天する、
と、忙しくなり、ボケ防止になる。

その思いを、ちょっと降って、自分の住む地域を考える。
楽しめる地域にするには、どうするか、をだ。

 まちづくりというと難しいようだけど、簡単
「こうしたい」と思うことを「こうしようよ」と
そばに居る人に言い続ける、すると変わる、
必ず、そうなっていく。

思ったら行動を起こすこと、たとえ時間がかかっても、
いつか必ずそうなる、ものです。"


fude2.jpg

" そこで大事なことは、伝える心。
もの、こと、を子や孫に正しく伝える作業を忘れてはならない。
だから学びは、子や孫と一緒に学ぶことで、
気が合う、それが絆となって結ばれてゆく、
そんな地道なコツコツが、ひと、もの、こと、を繋いでゆく。

星の王子さまではないが、大切なものは見えないところにある、
と言う言い方ではないでしょうか。

そして人を繋ぐ事が地域を繋ぐ事になり、
そこに一大文化圏が生まれてくる、
難しく考えないで行動すること。


 また、地域に残るものを大事にする心の育成、
で、そこに地域を学ぶ大切さが生まれてくる、と思います。

国の成り立ちは、一つ一つの地域が集って出来ている、
伝統や歴史は、すべて地域のもの、と言っても過言ではない、
地域があってこその国ですから。


 まず人が財産、宝、ということを基本に物事をすすめる。
そして物事は継続すること、重ねる、ということは、
重なってゆくと、それが重くなり、力になってゆく。

第○○回、となれば、それが伝統になる。
伝統になれば、それが、すでに力になっている。

 

 とにかく、いろんなことで自分が楽しむこと、
楽(たの)しめば、楽(らく)になる、字も同じ。

たとえば、新しい祭りを創造し、人々のふれあう機会をつくり、
祭りの信者を、あちこちに作れば地域が儲かる、
信者を横に書けば、儲かる、だ。"

          ~プログラムより引用~


スイスイ読めるのは、リズムがいいからですね。
私も見習って、句読点の使い方、勉強しなくては。

光畑さんの本は、これに方言がのっかり、
地元のネタが満載で、なおさら、心地良いのです。

平成26年1月25日 土曜日 曇りのち雨

苅田町立中央公民館:第五研修室 14時

2013年度 第二回まちづくり塾
《まち興しの話をしよう》

総合司会:九十九誠 副会長の開会のことばからスタートです。


kohata125.jpg


●主題の視点  「京築人発見シリーズ」

"まちづくりは人づくり人育てと申します。

人あってこそできるものですが、人育てには時間がかかります。

時間がかかっても将来のために人を育てる必要がありますが、
同時に地域には私たちが気づかない、
まちづくりまち興しの達人がいるはずです。

私たちが気づかないだけです。

この気づかない達人を発見することが「京築人発見シリーズ」で、
私たちの活動の一つです。

今回、光畑浩治さんを発見しました。

本人の希望もあり一方的な講演会ではなく、
講演者を交えまちづくりを一緒に考えたいと思い、
第二回のテーマと致しました。"

kohata126.jpg

1、開会のことば

2、開会の挨拶  北村速雄 会長

3、基調講演 「まち興しの話をしよう」 
  光畑浩治(こうはたこうじ)氏
「NPO法人豊津小笠原協会理事」「公財行橋市文化振興公社理事」

基調講演のレポートは、次回のお楽しみということで。

金曜日の夜にNPOの理事・監事会があり、
当日の役割分担も決まりました。

26uma2.jpg

【第2回まちづくり塾&新年交流会】
 ~ 京築人発見シリーズ ~

●日時:平成26年1月25日(土)
14時開始(13:30受付)

●場所:苅田町中央公民館

●「まち興しの話をしよう」 
『ふるさと私記(しき)』の著者:
光畑浩治(こうはたこうじ)さん


26uma1.jpg

目次より

『ふるさと人物誌抄』
『京築紀行』
『ふるさとの橋』
『つれづれに』
『京築のむかし話』


"ふるさとを守る、伝えるということは、人それぞれが、
郷土のことを楽しく語ることなのかもしれない。"

"傑出した先達がおり、ここだけに伝わるものがある。
ほかにはない景色が広がり、土地に残る心がある。
そんな心を大事にしていきたい。"

         ~ 本の帯より引用 ~

●会員以外の方は資料代として¥500
(事前の申込は不要です。当日、受付にてお支払い下さい)

「あなただったら、光畑さんのことを何と紹介しますか?」
案内状を作る時、会長からそう投げかけられたのですが、
あまりにもいろいろと候補がありすぎて・・・。


NPO法人:豊津小笠原協会理事
(財)行橋文化振興公社 理事
作家・郷土史研究家・エッセイスト etc...


こうして、ブログの記事を書いていたら、
もう一度、この本を読み直したくなりました。


※当日、会場でみなさまのお越しをお待ちしています!!


追伸:終了後は場所を移動しての新年交流会
(希望者のみ)(別途実費)も予定しています。

夏(8月)に一度ここでご紹介した
【平成25年度笑い塾大学 北九州校公開講座】

今年最後の講座の案内が、所属するNPO
(まちネット人ネット九州)経由で届きました。

warai7.jpg

『お笑いで今年を仕上げましょう』

●日時:平成25年12月27日 (金) 14時~16時

●場所:NRCCニューロビン カルチャーセンター

あいにくと、その時間帯は都合が悪くて参加できなかったのですが、
終了後の会場へ「年末のごあいさつだけでも」と向かうことに・・・。

warai8.jpg

NPO法人:足立山麓文化村村長さん(笑い塾北九州校校長)や、
NPO法人:博多笑い塾理事長の「小ノ上マン太朗さん」との、
久しぶりの再会。

嬉しくて握手を求めました(笑)


「エルガーラ博多」で行なわれる
12月29日の、笑って健康フェスティバル
【第二回紅白演芸合戦】には行けませんが、
京築より、大会の成功をお祈りしてます。


芸達者さん大集合で、かなり盛り上がりそうですね!!

行橋市民大学「歴史ロマン探訪講座」

【発掘 かくれキリシタン】
~日本史を創った大名と庶民~

kirisitan2.jpg

講師は安東邦昭さん。
北九州保育福祉専門学校教員、福岡県立大学講師という肩書きもお持ちですが、
「全国かくれキリシタン研究会副会長・理事」が、今日の授業にピッタリですね。

安東先生は私が所属するNPO(まちネット人ネット九州)の理事でもあります。

理事会等で、話が煮詰まりそうな時、
きまって適切な意見でみなを導いてくれます(笑)

名刺にはフランシスコ・デ・ザビエル像も入ってるんですヨ。

苅田まちづくりカレッジ2年生の時に知り合い、
私がNPOに入会して以来の、お付き合いです。
今日ははっきり「行く」って言ってなかったからビックリしてたみたい。
(でもちゃっかりデジカメを渡されて、記録係を務めましたけど・・・)

今は作家の宮川詩麻さんが会長の「北九州ワイズメンズクラブ」
そこの会長職も、ずいぶん長いことなさってたときいています。


kirisitan1.jpg


安東先生にかかると、目に入るものがすべてそのように見えるのではないか?
と思うくらいに、神社やお寺の燈篭や墓碑にも十字架や逆さまのハートが・・・。

霊名 ドン・シメオン
だれのことだかわかりますか?

黒田官兵衛 孝高 / 如水なんですよ。
彼が洗礼を受けていたとは、初耳です。


休憩時間や終了後も、熱心なファンに取り囲まれて、
話も弾み、とても嬉しそうな安東先生でした。

平成25年10月23日(水) 18:00~
特定非営利活動法人【まちネット人ネット九州】の
理事・監事会。みんなが顔をそろえるのは久しぶり。


そろそろ、また動き出しますよ~。

まちづくり塾&新年会の日にちの打ち合わせや、
これから各地で開催されるイベント情報の交換 などなど。


●行橋市出身の九十九真一さんの絵画展が
11月28・29・30日と、北九州の
「市立130銀行ギャラリー」で開催されること。

●ワイズメンズクラブの例会が
11月8日(金)苅田町のスカイホテル苅田で
「3クラブ合同」で行われること。 


godoreikai.jpg


福岡中央・博多オーシャン・北九州の3クラブの
メンバーとゲストで何人くらいになるんだろう???


【北九州ワイズメンズクラブ】の田中会長は当NPOの会員です。
ペンネーム:宮川詩麻さん エッセイスト・小説家

著書の「小説 田原淳(すなお) いのちの光」は、
心臓ペースメーカーの父と言われる田原氏の
生涯をテーマにした小説です。

著作の映画化の話もあるようですヨ。
作詞家としても活躍されてて、憧れるなあ。


一般教養③【前期学習の終了にあたってみんなで語り合おう】

日程:平成25年10月9日(水) 19:00~

場所:苅田町中央公民館 第5研修室

講師:苅田まちづくりカレッジ 学長 北村速雄氏

zo2.jpg

苅田まちづくりカレッジ 7期生の授業を
一緒に受けてきました。


「今日は、学長としてではなく、
 まちづくりの専門家として みなさんと話をしたいのです。」
授業の始めに、そう切り出し、上着を脱ぎ、ネクタイをほどいた北村会長。


だからなのですね。
今日の資料がNPO法人まちネット人ネット九州代表
(福岡・北九州まちづくりアドバーザー)となっていたのは・・・。


zo1.jpg


ホワイトボードにサラサラと象の絵を描き、
いろんなとこに触れてみたら、どんな感想を持つ?


"一年時は理解度に重点、二年最後は関心度に重点。"

【学生の特権】をフルに活用するべきだと教わりました。

【町を知る方法】も教わりました。

文献調査としては・・・統計資料、空中写真、地図もある
映像・音響調査は・・・ビデオや写真、口述、音楽 etc...
実態調査もありますね・・・町並み、土地利用、施設風習


二年間のうちの1/4を経過した時点での今日の授業。
今までの内容に対する意見や、入学した時のみなさんの思い、
いろいろな話を聞かせてもらいました。


●「ここで学んだことを、家族や地域の人に還元することを期待しています。」


そう、だから私は、ここで学んだことを独り占めしないで、
このブログを通じてみなさんにも知ってもらいたいのです。


どこまでお話ししてましたっけ?
行橋での【ふうりん祭り】

最近、もの忘れが激しくて・・・(笑)

そうめんを食べ、そのままエイサーを見て、
商店街をブラブラ歩き、射的場をひやかし、
あまりの暑さに、参加した会員そろって
涼しい店内に避難。

hanah.jpg


●冷たい飲み物でのどを潤しながらの雑談タイム、
といいたいところですが・・・

会長が袋から取り出したのは「アンケート用紙」と筆記具。
ああ、しっかり宿題を用意していたのですね。。。

「気になるお店はありましたか?」

「ふうりん祭りはいかがでしたか?」

たしかそんな設問だったと思うけど、
なにぶん、日にちが経ちすぎてしまったので、
ウロ覚えです。(写真を撮っとけばよかった)


beer.jpg


●夕方からの会員交流会。

日中は、用事があって参加できなかったメンバーも順次合流し、
20名くらいの会員が、京都ホテルのビアガーデンに集いました。

オープンするまでロビーで待たせてもらって、
この日の一番乗りは私たちです!!

ふうりん祭りの実行委員の方も、片づけを終えてから
合流してくださったそうで、話もはずんだでしょうねえ。


私は夕食の支度があるので、ほんのちょこっとだけ。

ちゃっかり屋上からの写真だけ撮らせてもらって、
とっとと退散。(その分、日中いっぱい遊んだから)

当日、参加できなかった会員のみなさまに、
交流会の写真をお見せしたくて。


次の機会でのご参加を、役員一同、
心よりお待ちしています。

まだまだ暑い日が続きます。
ご自愛下さい。

あれぇ、おっかしいなあ。
Y学級長の姿が見当たらない。

決まって7期生の授業に顔を出していたのに、
この日は珍しくお休みでした。

7月に入ってからの役員会で、多分、次回の授業の告知も
あるだろうけど、場所の変更等もあるので、
この場でお知らせを・・・。

●まちづくり学③
「周辺都市の社会教育の現状とニーズを学ぶ」
講師:行橋市民大学事務局

simindg2.jpg


7月13日(土曜日) 10:00~12:00
カリキュラムは【館外】となってますが、
場所はいつもの【苅田町中央公民館:第五研修室】ですヨ~。

「館外だったらバスで行くのかな?
くっついて行きたいなあ。」と思って、西村先生に尋ねたら、
詳細を教えてくださいました。


行橋市民大学の高田さんと、北村学長と西村先生が登壇予定で・・・。
どのような講義になるのか、今からワクワク!!


少し前に、車が動かなくてJRとバスで会社に向かった日。
行橋駅で見かけたポスター(講座案内)の写真を撮ってました。

simindg1.jpg

どれもおもしろそうだけど、平日は仕事だしなあ。

そう思いながら、ひとつずつ丁寧に読んでいってたら、
「安東邦昭先生」と「作家の宮川詩麻さん」のお名前もありビックリ。

お2人とも、私が所属する
【まちネット人ネット九州】のメンバーです。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちまちネット人ネット九州カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはへいちく(平成筑豊鉄道)沿線です。

次のカテゴリはみやこ町(勝山)です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.04