苅田まちづくりカレッジの最近のブログ記事

はやいもので、12月も中旬です。

週末ごとに、忘年会の予定が入ってるのではありませんか?

obhitachi1.jpg

【苅田まちづくりカレッジOB会】の忘年会は
週の真ん中の水曜日でした。
(定例会の日程に合わせたからですね、きっと)

平成25年12月11日 水曜日 17時~の定例会終了後
場所は苅田町某所(割り箸の袋でバレバレですが・・・)

あいにくと定例会には間に合いませんでしたが、
忘年会のスタートには、すべりこみセーフ!!


obhitachi2.jpg

kitamura学長に、imaya中央公民館館長に、misumi会長。
アドバイザーのnishimura先生に、umeda副会長に、horiさん。
5期生のメンバーとも久しぶりの再会です。


「京築まるごとナビのKDさん」も当OB会にいるんですヨ。
いつも、苅田町の話題を提供してくださってる、そう「あの方」。

当日の様子は同級生の「田舎爺さん」
詳しくまとめてましたので、そちらでお楽しみください。

今夜は、みやこネットの勉強会。
いつも欠席ばかりでスミマセン。

みんなが集まって、ブログの記事を更新中とのこと。
ホントだ、新着記事がいつになく並んでるワ。

おわびの印に、私はいつものように、自宅から更新を・・・。

obb1.jpg

平成25年11月24日(日)
苅田町中央公民館 大ホールで行われた【苅田音楽会】
毎年恒例の行事になってきましたね。

●このプログラムの一番下、小さいけれど見えますか?

主催:四季の音楽会実行委員会

制作協力:㈱プラトニック

運営協力:苅田町観光協会設立準備委員会、
苅田まちづくりカレッジ、かんだ国際交流ひろば

obb2.jpg


開場時間の14時30分に、都合のつく人は集合。
会員の受付をする人、会場で懐中電灯と座席表を手に、
来場者から聞かれた席に案内する人。


終了後は、みんなで会場内をくまなくまわり、
「落し物」や「忘れ物」や「ゴミ」をチェック。


同級生の「田舎じいさん」さっそくブログにアップしてました。
いつもながら早いなあ。内容もみっちり。


【コンサート会場で、いつも私が感じること】

開演前は、どことなく、よそよそしかった会場全体の空気が、
終演後には、あったかい空気に包まれて、
ステージ上の演奏者も、聴衆も、幸せそうな顔をしている。

一回きりの、二度と同じものはない時間と空間。

今年は苅田まちづくりカレッジ(OB会)のみなさんと
共有でき、かけがえのない思い出となりました。


そうそう、スペシャルゲストのマリーンさん、
今年はステージから降りて、客席を回って下さったんですヨ。

最前列の方とは握手もなさってましたっけ。
S席のチケットをお持ちの方、ラッキーでしたね。

出先でちょっと気になってもらって帰っていた1枚のチラシ。

【第31回 まちづくり標語懸賞募集 応募要領】
そのテーマが ~人にやさしいまちづくり~

主催:まちづくり月間全国的行事実行委員会
後援:国土交通省


hyougo1.jpg


"我が国は、すでに人口減少社会・超高齢社会となっており、
まちづくりにおいても、高齢者が自立して暮らしていける環境、
子育て世帯が安心して子どもを産み、
育てられる環境の整備が不可欠となっています。

特に、高齢者が、できるだけ長く心身ともに健やかな生活を送るためには、
充実した公共交通やインフラを活用しながら、
ゆっくりとまち歩きを楽しめるような、
また地域のコニュニティ活動などに参加し、
生きがいを感じながら安心して暮らせるような
「人にやさしいまちづくり」が必要です。

このため、人にやさしいまちづくりについての合言葉を募集します。"

[①一般の部]と[②児童・生徒の部(中学生以下)]があります。

12月31日まで、まだまだたっぷり時間があるので、
秋の夜長に、ちょっと考えて、いいのが思い浮かんだら、
是非投稿しませんか?

●そもそも「まちづくり」ってなんだろう???


苅田まちづくりカレッジで教わったことを、
思い出すところからのスタートです。


hyougo2.jpg


参考までに直近の3回のテーマと特選作品はと言えば・・・。

第30回 ~歩いて暮らせるまちづくり~
①すぐそばに 暮らしの引き出しそろう町
②笑顔と暮らし 歩いて揃う僕のまち


第29回 ~地域で支える安全で安心なまち~
①安心が 窓から見える 僕の町
②ぼくのまち ほこれる住みよさ 二重丸 支える土台は 安全安心


第28回 ~新たな担い手たちが共に造り育てるまち~
①私達、作っちゃいます、私町
②みんなでつくろう やさしい町 楽しい町 大好きな町

う~ん、考えれば考えるほど、奥が深い。。。


後期講座がスタートしたため、脱線してしまいましたが、
苅田まちづくりカレッジ、次回のご案内を・・・。

次回も、今回と同じ【公開講座】ですので、
どなたでも「事前申し込みなし」で、参加OKです。


平日の19時からなのですが、ご都合がつくようでしたら
苅田町中央公民館:第5研修室まで、お越しください。

10091.jpg


日時:平成25年10月9日(水曜日) 19時~約2時間
講師:苅田まちづくりカレッジ学長
演題:前期を終えてまちづくりについて語り合おう


在校生は、この春に入学して約半年。
数回の授業を受けてきました。

10092.jpg

「このあたりで学長・アドバイザー・苅カレOB・在校生で、
今までのことや、これからのことを考えよう」という内容です。


私たちの時は、入学式と卒業式の時しか、学長の話をきけなかったのに、
6期生、7期生の方たちがうらやましいな。

そうそう、林望名誉学長のブログが更新されてました。
あの次の日、京築地方のあちこちに出没なさっていたようですヨ。
もしかしたら、リンボウ先生を見かけた方、いらっしゃいますか?

平成25年9月28日(土) 10時~
於:苅田町中央公民館・第5研修室

sinden1.jpg

そう、今日は年に一度の、特別授業。
林望:苅田まちづくりカレッジ名誉学長の記念講演の日でした。

ウキウキ・ワクワク・ソワソワ。
30分近く早めに会場に着いてしまったわ。

真ん中2列の前の方は、在校生たちの予約席。
左側のいちばん前の席に座りました。
ホワイトボードと、リンボウ先生の表情がよく見えるとこ。


sinden2.jpg

「本日の資料です。」と受付で渡された、3枚のプリント。
A:空蝉(うつせみ) B:末摘花(すえつむはな) 
寝殿造り(東三条殿)の俯瞰図と見取り図。


三年八ヶ月、400字詰め原稿用紙 約6,800枚
毎回、当日分のバックアップをとり、
念には念を入れて、娘さん(海外在住)のパソコンにも送っていたという。


肉親や知人の死、東日本大震災。
翻訳作業中に起こった、さまざまなこと。

気力・体力・記憶力。
全てを総動員して、この夏完成した【謹訳 源氏物語】

会場には、その本を広げてリンボウ先生のお話に
耳を傾けてらっしゃる方のお姿も・・・。


ホワイトボードが、きちんと固定されていなくて、
「うろたえる姿」をいちばん近くで見てしまいました(笑)


リンボウ先生の公開講座を
最初に受講したのは苅カレ1年生の時。

家の中を片づけていたら当時の資料が出てきました。
手当たり次第に書き込みしてるけど・・・(笑)

genji928.jpg

あの時は、ちょうど第四巻の発刊直前で、
桐壺のプリントが配られ、ご本人の朗読(一部)までありました。

全10巻、予定より約1年遅れたようですが、
この夏完結。

今回(9月28日)の記念講演の内容は、もちろんコレです。

genji929.jpg

こう、ご期待!!

ご本人のブログ(写真日記)で予習をしておくと、
当日、もっと楽しめます。


平成25年9月11日(水)19時~

今まで第二水曜日は18時からだったけど
今回より19時に変更。

時間を間違えて来てた方もいらしたみたい。
前回の議事録でおさらいをしながら
さっそく今日の議題についてワイワイと意見の交換を・・・。

9112.jpg

例えば【連絡網】
1期生~6期生まで同級生で連絡するようにしてたのを、
苅田町の地図上で見直して、それぞれの地域ごとに
グループ分けして、役員が書類を届けよう、とか。


他の団体との交流計画とか、
町イベントへの参加の確認や、
はやくも忘年会の話題が出たり(笑)


9111.jpg

幹事会を重ねるごとに、まとまりもよくなり
毎回いい雰囲気で進行しています。

今夜は中央公民館の館長さんも、
アドバイザーの西村先生もいらしたし、
次回のリンボウ先生の講演会のことや、
その次の苅カレの北村学長の回のこととか。

きっちり2時間で終わりました。

梅田先輩のあいかわらずの司会進行は、
【お見事!!】のひとことです。

今週の水曜日の夜は、【苅田まちづくりカレッジ】でした。

朝5時起き。日中フルタイムでの仕事。
19時からの授業。

卒業生だから、わざわざ受講しなくてもいいものを、
やっぱり教室まで出かけていきました。

だって、堀先輩の授業だったんですもの。

motidasi2.jpg

会長や同級生の姿もありました。

私のブログには、今までにも数回登場している【堀先輩】

いろいろな肩書きをお持ちです。

5月に、この場所で行った「NPO主催のまちづくり塾」では、
南原神楽講:奏楽師として。

Masa工房で「神楽面彫り」「山笠ミニチュア作り」もなさってます。

電話のストラップの「みさきくん」も、先輩のオリジナル作品。
私、密かに狙っています(笑)
「道の駅」に出しているとチラッと聞いたような・・・。

motidasi1.jpg

この日は「防災士」としての、授業でした。
【苅田町ボランティア防災クラブ】のメンバーとして、
いろいろなところで指導しています。


田舎じいさんのレポートの、あいかわらず早いこと。
ご本人からのコメントも入っていましたヨ。


●「非常持ち出し袋には、何を入れますか?」

食品・水  救急・安全用品   貴重品
日用品   衣類など   その他


「もう少し入りそうだったら?」

私だったら、何を入れる?
愛用の英和辞典を入れていこう。


無人島に流れ着いた人が、たまたま持っていた
カタログの内容をすみからすみまで暗記したと、
ずいぶん前に、どこかで耳にしたことがあります。


携帯ラジオもあれば、
いつものラジオ講座も聴ける。

3.11のあと、ゴガクル仲間とやりとりした中で、
「いつもの講座のメロディーが聞こえてきてホッとした」と
いうお友達のコメントは忘れられません。


毎年一回、はるばる、この場所まで来てくださいます。

苅田まちづくりカレッジの名誉学長:林望(はやしのぞむ)さん。

リンボウ先生といったほうが、ピンとくるかな?

rinbougaku.jpg

もちろん【公開講座】ですので、どなたでも受講できます。

日にちだけは決まっていたけれど、内容はこの日、
苅田町中央公民館のロビーに掲示されていた案内で
初めて知りました。

なんと「源氏物語」です。嬉しいなあ。
一年生の時の授業も、実は源氏物語でした。

いろいろな方が紫式部の源氏物語を手がけていますが、
リンボウ先生の【謹訳 源氏物語】は、本当に読みやすいのです。
全十巻を書き終えての、裏話いろいろ、楽しみ~!!

robi.jpg

先週の土曜日の授業でいただいた行橋市民大学の資料をめくっていたら、
平成24年度(後期) 「男の美学・女の美学講座」で
【源氏物語】愛憎のドラマ ~光源氏が愛した女性たち~ 

という講座がありました。

しかも講師(源氏物語研究家)は、高校の時の先生・・・(笑)
お元気そうで、何よりです。


先週の土曜日、三連休の初日は、
「苅田まちづくりカレッジ」の公開講座の日。

yk1.jpg


まちづくり学③
「明日へつながる社会教育」


お隣の行橋市から、お2人の方に来ていただいて
【行橋市民大学】の30年の歩みや
今までの講座内容や課題等をうかがいました。


【高田幽玄さん】というお名前、記憶にないですか?
和光塾の塾長さんでもあるんですよ。


有松さんは、ちゃっかり、馬ケ岳のPRも兼ねて
ピンクのポロシャツを着用してましたっけ(笑)


yk2.jpg


行橋市民大学・・・行橋市在住、もしくは市内への通勤、通学者
ただし毎回、資料代程度で、聴講することは可能。

苅田まちづくりカレッジ・・・苅田町在住、もしくは町内への通勤、通学者
公開講座の時は、だれでも自由に受講できます。


行政区分での線引きなど関係なく、
どちらがどちらでも申し込め、交流ができないだろうか?


そんな話にまで発展しました。

「まずはOB会同士の交流からスタートしては?」

苅田まちづくりカレッジOB会の方はOKですよ~。
行橋市民大学を受講されたみなさまが
なんらかの形で一日も早くまとまることを期待しています。


これは行橋市と苅田町の例だけにとどまりません。

●京築は、ひとつです!!


このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち苅田まちづくりカレッジカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは福岡県行橋市です。

次のカテゴリは行橋市民大学です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.04