NHK大河ドラマの最近のブログ記事

2014年 大河ドラマ 【軍師 官兵衛】

"福岡を創った男 黒田官兵衛"

fukukan1.jpg

"織田信長、豊臣秀吉、徳川家康。
三人の天下人に愛され、恐れられた男、官兵衛。

(中略)

天下取りを支えた最強の軍師という一面だけでなく、
同時に側室を持たず一人の女性を愛した愛妻家、
歌や茶会を愛する文化人、キシリタン大名であるなど、
豊かな人間性を兼ね備えている。"

    ~ P1 官兵衛の「キセキ」より抜粋 ~

●本日(2月2日)の放送は、
1568年 「長男:松寿丸」誕生のシーンもありましたね。
なんとも愛くるしいこの子は、後の、福岡藩初代藩主:黒田長政です。

そして翌年の、青山・土器山の戦い。

お城に戻ってこれた人、戦場(いくさば)で命を落とした人。
ポロポロ涙をこぼしながら観てました。


fukukan2.jpg


黒田官兵衛ゆかりの地 モデルコース
ここでは、プラン1~プラン6まで。

① 官兵衛の集大成・福岡(スタート:博多駅)

② 黒田武士の心意気(スタート:博多駅)

③ 文化人官兵衛と秋月藩(スタート:西鉄福岡「天神」駅 or 博多駅)

④ 官兵衛 VS 宇都宮一族(スタート:小倉駅)

⑤ 秀吉の朝鮮出兵と黒田家(スタート:博多駅)

⑥ 官兵衛と水田会談(スタート:西鉄福岡「天神」駅 or 博多駅)


ほうら、福岡のことが気になったでしょ(笑)

"参ろうぞ。福岡へ!!"


さあ、新年。

大河ドラマ【軍師 官兵衛】の初回は1月5日(日)ですヨ。

kurod1.jpg

年末前に配布された町の広報紙(12/25号)に
はさみこまれていた「福岡県だより 2014年1月号」には、
福岡県内の"黒田官兵衛ゆかりの地"が見開きで紹介されています。


京築地方では、「苅田町」の【松山城跡(まつやまじょうあと)】に、
「築上町」の【城井ノ上城址(きいのこうじょうし)と天徳寺(てんとくじ)】
私がこの前レポートした「豊前市」の【求菩提(くぼて)資料館】
「行橋市」と「みやこ町」にまたがる馬ケ岳城跡(うまがたけじょうあと)。


kuro2.jpg

ちょっと足を伸ばせば、北九州市の【小倉城】に、大分県中津市の【中津城】

飯塚市や嘉麻市、糸島市や太宰府市。
「博多方面」では【福岡城】や【光雲(てるも)神社】

九州が登場するのは、後半でしょうが、
「ご当地ソング」ならぬ「ご当地大河ドラマ」

キャラクター【ふくおか官兵衛くん】も、頑張ってまーす。

「文学、映画・・・そしてジャズ」のレポートに戻ります。

当日のプログラムは、こんな感じ。
各人が自分なりにブランクを埋めていきます。


FMラジオで休日のお昼前に
「ユア スクリーン ミュージック」という
番組があったのですが、しっとりとしたナレーションと
映画音楽、まさにあれが目の前で繰り広げられるのです。

もう最高!!

jazz3.jpg

右半分<第二部>の頭に●今、話題の・・・という項目が
あるのですが読めますか?ちょっと字が小さいかな?

●オリンピック ⇒ 東京に決定したばかりですからねえ。
「白い恋人たち」もちろんピアノ演奏付き。

●宮崎駿・スタジオジブリ ⇒ 「風立ちぬ」「菜穂子」堀辰雄(著)
となりのトトロから ♪ 歩こう 歩こう 私は元気~ ♪

●黒田官兵衛 ⇒ はい、来年の大河ドラマの主人公です。
今日行った本屋さんでも、NHKのテキストのとなりに
専用のコーナーを作りかけていました。

ブックネットワーク北九州 仲さんのオススメの本はこちら。

jazz4.jpg

【黒田官兵衛 -小説集】 末国善己(編)

これは6人の著者の作品が一冊で読めるという、
聞いただけでよだれが出そうな、おいしそうな本です。

①『黒田如水』菊池寛(著)
②『黒田如水』鷲尾雨工(著)
③『二流の人』坂口安吾(著)
④『城井谷崩れ』海音寺潮五郎(著)
⑤『黒田如水』武者小路実篤(著)
⑥『智謀の人 黒田如水』池波正太郎(著)


本を紹介したあと、ピアノの野本さんに振ります。
「黒田官兵衛と言えば、アレですよねえ。」

♪ 酒は呑め 呑め 呑むならば~ ♪
ご存知「黒田節」

野本秀一さん、まさかまさか
これを「ジャズバージョン」で聴かせてくださいました。
ひえー、恐れ入りました。

大河ドラマ、ここ京築地方では、今年の分は跳び越して、
すっかり来年に向けて盛り上がりつつあります。

sunday1.jpg

行橋市民大学のカリキュラムをもらいに行った公民館でも、
図書館が入っているコスメイト行橋でも、ポスターや
特設コーナーが、やけに目に付きました。


「倍返し」という決め台詞の、
堺雅人さんのドラマが、今流行っているらしい。

彼の本を以前読みましたが、最近2冊目が出ていました。
こちらも本屋さんでパラパラとめくってみました。

商店街のウインドウの黄色い張り紙が気になってパシャ。

sunday2.jpg

そして〆は22時50分~23時20分までのラジオ講座。
今夜もしっかり聴けました。
半年間聴いてきた小説も次回が最終回となります。


そんなこんなで、日曜日の夜は更けていきました。

日曜日夜8時と言えば ⇒ NHKの大河ドラマ!!
前にも同じことを書いた記憶が・・・(笑)

来年度にむけて京築各地、盛り上がっている様子。

苅カレの同級生:田舎じいさんが、
山内先生のところの講座を受けた日は人数もすごかったようですヨ。


行橋中央公民館は、市民大学の前期の終了式に行ったので、
その時に何枚か写真をとってきてました。

taiga825.jpg


行橋と、みやこ町にまたがる【馬ケ岳】にもいらした黒田官兵衛さん。

中津街道のいたるところにも由縁がありそうで、
なので、私は来年度、勝手に自分の中でテーマを決めました。

「大河ドラマ」と「中津街道」
できれば多国語で、ご紹介できたらいいなぁと。

実は、以前、ちょこっとだけチャレンジしたこともあるのです。
タイピングの練習も兼ねて。

taiga826.jpg

中津城周辺の散策では、こんなステキな和傘のお店に行き当たるかも???

夕方のテレビを何気なく観ていたら、
配役の発表があってましたネ。

2014年NHK大河ドラマ【軍師官兵衛】
織田信長役は、江口洋介さん
豊臣秀吉役は、竹中直人さん。

taiga1.jpg

みやこ町の図書館も、行橋市の図書館も、
特設コーナーに関連の本を集めてるので
予習の資料を探すのもラクチン。

ひと月ほど前に築上町で行われた
『豊前宇都宮氏と豊臣政権』歴史シンポジウムにも
行ってきました。

築上町文化会館 コマーレ大ホール 満員御礼
入りきれない方たちのためにロビーも開放していましたっけ。

A3サイズに21枚、みっちりとした内容の資料は、
来年一年かけて、テレビ放送を睨みながら
しっかり活用しなければ・・・と考えています。

そうそう、苅田まちづくりカレッジの同級生
田舎じいさんからも耳寄り情報をいただきました。


taiga2.jpg

行橋駅の観光案内所にもポスターがあったのでパシャ。

やっぱり我が苅田町は出遅れてるのかも(笑)

せっかくなので、もう少し「大河ドラマ」を引っ張りましょう。

【favorite】形容詞:お気に入りの、大好きな
      名詞:お気に入り、人気者

【program】番組(表)、プログラム、予定(表)

tensyouinn.jpg

My favorite program is "Atsuhime." 「篤姫」


鹿児島(薩摩)が舞台の「天璋院篤姫」
毎週欠かさず観てました!!


長渕剛氏が鹿児島出身ということもあったし、
篤姫の夫役の「堺雅人さん」に妙に惹かれて。
雨の中、花に水をあげるシーンで???と思いつつ・・・。


数年前の五月の連休に、小倉駅近くの西日本総合展示場で
たまたま手にしたフリーペーパーは今でも大切に持っていますヨ。

♪まるに十の字の帆をたて 薩摩の風が吹く~♪

剛の歌詞にある「まるに十の字」は島津の家紋?

私のふるさと、みやこ町では駅前にある
「スーパーまるじゅう」のマークです(笑)


oterusama.jpg


中津で、京築フィルムコミッションの村上さんと話をしている最中、
夫はお向かいのブースに出展していた和菓子屋さんで
竹の皮に包まれた【びったれ餅】をちゃっかりと購入してました。

いただいたチラシにも、大河ドラマ
【軍師 官兵衛】の情報がチラリ。

どれどれ、主演はV6の岡田准一さんね。
奥さん(正室)は「お光(てる)さま」


結婚したのは22歳と、15歳の時。
年の差は・・・七つ

おお~っ、官兵衛さんは側室を持たなかったんだ。


ご当地ソングならぬ、ご当地大河ドラマ。
地元も私も、かなり期待をしています。

日曜日 夜8時 NHKといえば【大河ドラマ】

今年は「八重の桜」ですね。
少し早いのですが、来年度は「軍師官兵衛」

kanbee1.jpg

宇都宮鎮房 VS 黒田官兵衛 (最大の宿敵)


中津市でのイベントに姉や姪っ子や夫と立ち寄った時、
「京築フィルムコミッション」の村上さんを発見!!

5月18日(土) まちづくり塾で発表してくださる方です。

ロケ地や、みどころ、裏話など、いろいろ聞けるかな?
今から楽しみです。

kanbee2.jpg


「築上町観光協会」としても、大忙しの毎日で、
あちこちのイベント会場で「自衛隊カレー」をPR中。


お隣には、みやこ町の猪カレーも並んでいましたヨ。


このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちNHK大河ドラマカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは鹿児島本線 沿線です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.04