語学(ハングル)の最近のブログ記事

日時:2013年11月4日(月) 13:30~16:30

場所:八幡東生涯学習センター講堂

主催:北九州ハングル弁論大会実行委員会

共催:(公財)北九州国際交流協会

後援:韓国観光公社福岡支店、福岡韓国綜合教育院

12han.jpg


私がこの大会のことを知ったのは昨年で、
きっかけは、韓国料理店の店内に貼られていた1枚のポスターでした。


小倉北区、TOTO近くの【和央(わお)】というお店で
月イチのペースで集まっての勉強会(飲み会?)

遠いのと、帰宅が遅くなるので、なかなか参加できないのですが・・・。

ここでは、読み方や文法とかではなく、
もっといろいろなことを教わっています。

なかでも、この大会の実行委員長の金先生には、
お世話になりっぱなしで。
(最初の内は、少し早めに行って、個人レッスンも受けてましたっけ)

ハングルは今でも勉強中ですが、
ラジオ講座を聞き流しているだけの状態なので、
いつまでたっても上達しない。。。


前回はスピードにも付いていけず音を拾うのが精一杯でした。
あれから1年。
今年はいくらか成長しているだろうか?

12han1.jpg

●第一部:今年の弁論者は7名。

みなさん、きっちり練習をしていたのが手に取るようにわかります。
原稿ほとんど見てませんでしたもの。

プログラムにはハングルでの原稿と日本語訳がついてましたが、
今回は日本語部分を目で追いながら、スピーチを聞くことにチャレンジ。

それでもどこまで進んでいるか、かなり怪しくて、
知ってる単語や固有名詞を頼りに帳尻を合わせる始末。。。
まだまだ修行が足りません。


第二部は講座間の交流タイム。
歌あり、踊りあり、バナナの叩き売りあり。
(もちろん、すべてハングルバージョン)

第一部の緊張したムードとはうってかわって、
ほんわか、あったか、なごやか~に進みます。

時間の関係で表彰式までいられなかったのが残念ですが、
今度、金先生に結果を教えてもらうことにしましょう。


【中国語】と【韓国語】

どちらも、みやこ町の初級講座を受講したのがきっかけで
今でも勉強を続けています。

半年間、週に一度の授業ではちゃんと身につくはずもなく、
「ちょっとかじっただけでしょ」と言われても反論できない。。。

●『NHKテレビで中国語』ワークブック
読めて書ける中国語より・・・中国語音節表


onsetu.jpg

中国語の音、こんなにあります。
CDではひとつずつ読み上げてくれるけど
油断してると、どこまでいったかわからなくなる(笑)


●『NHKテレビでハングル講座』ワークブック
読めて書けるハングルより・・・反切表

hansetu.jpg

母音と子音の組み合わせ、これってやっぱり記号みたい。

中でも私が苦手なのが、ㅅ(シオッ) ㅈ(チウッ) ㅊ(チウッ)
形も似てるけど、カタカナ表記だと同じだもの。

자 쟈 저 져 조 죠 주 쥬 즈 지
차 챠 처 쳐 초 쵸 추 츄 츠 치   
どっちも日本語の音に置き換えると
チャ・チャ・チョ・チョ・チョ・チョ・チュ・チュ・チュ・チ


ず~っとラジオ講座ばかり聴いていましたが、
昨日(ハングル)と今日(中国語)は久しぶりに
テレビ講座でも勉強しました。

ラジオは耳だけが頼りで、集中して聞くし、
テレビは口元までチェックできるし、
現地でのロケや最新情報も盛りだくさん。


以前は理解できなかったところも今ならわかる。
そんなささやかな進歩が嬉しかったりします。

映画の上映会のあとは、会場の「ムーブ」の中をちょこっと探検。

行きは気が付かずにエレベーターで二階まで上がったけれど、
帰りはゆるやかな半円のスロープで階下を眺めながらのんびりと。

図書室の前にはリサイクルの本が数冊並んでいました。
パンフレットも、ここは充実しているので、
端からじっくりと吟味(?)していきます(笑)

japan.jpg

●参加しませんか
あなたの「まち」の「まちづくり」

安全で住み良いまちづくりのために
町内会・自治会に入りましょう!!

日本語・英語・韓国語・中国語バージョンが一枚になっているのを
見つけたので、しっかりもらって帰りました。

こういう風に、同じ内容をそれぞれの国の言葉で表しているのに
最近ハマっています。


例えば感嘆符(!)やクエスチョンマーク(?)の使われ方。
日本語では「まち」と「まちづくり」が、カッコ「」で囲まれているけれど、
そこはどう表示されているかな~とか。

english.jpg


How about joining The "Community Association" in your community!?


참가해 보지 않겠습니까?
당신의 [마을]의[지역활성화]


邀请您的参加!
大家共同创建自己的社区。

今日参考にした資料はこちら。


eikan.jpg


韓国語のガイドブックは以前から持っていましたが、
リニューアルした某100円ショップで
英語と中国語を、昨日買い足しました。

「同じフレーズ」を「それぞれの国の言葉で」比較しながら学べます。


リーズナブルで、今の私にぴったりの
勉強法とテキストだと思いませんか???

【おはよう。】

Good morning.

你好。

안녕하세요?


【はじめまして。】

Nice to meet you.

初次见面。

처음 뵙겠습니다.


【日本から来ました。】

I'm from Japan.

我是从日本来的。

일본에서 왔어요.

【調子はどう?】

How are you doing?

身体怎么样?

요즘 어떠세요?

【どうもありがとう。】

Thank you very much.

谢谢。

감사합니다.

【さようなら。】

Goodbye. / Bye.

再见。

안녕히 가세요. / 안녕히 겨세요.


cyuu2.jpg


日中対訳による【中国文化小事典】
あれぇ、だれかさんのブログで最近見たような・・・(笑)


早速読ませてもらってますが、この本、とても楽しくてわかりやすい!!


中文は、基本ピンインなしですが、漢詩のページには
「韻を踏んでいる」ことが解るように発音記号をつけてくださってます。

●日中友好のために貢献をした先人たち

●中国の詩人が日本人の友人のために書いた漢詩

●中国歴史上10大人物

●中国の女流作家10人

●日中友好を賛歌した漢詩 (楊英華)

●クイズ と、資料も読み応えたっぷり。


ちょっと休憩したので、もう少し勉強を続けましょ。
中国語は全部のフレーズにピンイン付きなので、わりとスイスイ。


今日いちばん手ごわいのは「ハングルの入力」
キーボードの配列表は見ずに、ブラインドタッチで挑んでます。


【はい。】

Yes, I am. / Yes,I do. / Yes, it is.

对。

여.

【いいえ。】

No,I'm not./ No,I don't. / No,it isn't.

不。

아뇨.

【分かりました。】

I understand.

知道了。

알겠습니다.


【分かりません。】

I don't understand.

不知道。

모르겠는데요.


少し前に【平尾台】に行った時も感じたけれど、
今回の日帰り温泉旅行でも、いたるところで
韓国語の表記が、やたらと目につきました。

「そういう目」で見てるから、
向こうから飛び込んでくるのかも???


ofuro2.jpg

たとえば、これ。

大浴場の脱衣所の壁に貼られていたのをパシャ(笑)
我々の貸切状態だったので・・・。

日本のお風呂の楽しみ方

How to Enjoy Japanese Bath

日本澡堂的洗澡方法

일본의 목욕탕을 즐기는 방법


日本語と英語と中国語とハングルの表記があったので、
勉強のために打ってみましたが、
一番難しかったのが中国語です。

読み方を知らないと打てない!!


ofuro1.jpg


こちらから行くにせよ、旅行客をお迎えするにせよ、
もっともっとしっかり勉強しなければ・・・と、思いました。


【案内所】インフォメーション:information
韓国語表記だと・・・안내소 で(アンネソ)ってきこえる。


hiraodai4.jpg


「平尾台自然の郷」の入退場ゲートの横には案内所があったので、
まず、そこに立ち寄ってイベント情報や観光案内を入手。

「ハングル表記が多いですね。韓国からのお客様も?」

「ツアーでいらっしゃいます。先日もバスで・・・」

通訳の方がちゃんとついてるそうなのです。


「高速船」が発着する福岡市内からは、バスで約1時間。

すぐ近くの北九州空港では釜山便が1日2便就航してる。

北九州・京築地域と韓国は、お互いに行き来しやすい立地条件。


こちらから観光で行くのにも、週末の休みを利用して、
「強硬手段で日帰り」というのも決して不可能ではありません。


この連休、もしかして韓国でおいしいお料理や
ドラマのロケ地めぐりを楽しんでこられた方も多いのでは???

食事をして、園内を散策したあとは、車で【平尾台自然観察センター】へ。
先程は駐車場代300円でしたが、こちらは無料です。
(入場料は、どちらも無料)

駐車場には「北九州」と「平尾台」の大きめの地図があり、
のぞき込むと英語と中国語と韓国語の表記がありました。

hiraodai3.jpg


●展望デッキからの1枚。


左端から吹上峠・大平台(おおへらだい)・大平山(おおへらやま)・
羊群原(ようぐんばる)・貫山(ぬきさん)・・・と
せっかく見比べながらじっくりと目で追ってたのに
「1時間くらいそうやっておりそうやね、行くよっ!!」と
強引に切り上げられてしまいました。う~ん、残念。


帰りは北九州方面へ。対向車が多かった。
曲がりくねった道が続くので、安全運転で「平尾台」をお楽しみ下さい。


行橋方面に下って、京築の直売所(四季犀館や国府の郷等)で、
「そこにしか置いていないおいしいもの」を
買って帰るというのもアリです。

先週の土曜日、千本花桃園に行ったあと、
ちょっとだけ実家に寄りました。

せっかく犀川に行ったのだから図書館にも行ってみようと
閉館時刻まで、あまりなかったのですがザザッと館内を
見回して借りたのは、語学関係の本が3冊。

tenarai1.jpg

【ことば関係】の特設コーナーが受付の近くにできてましたね。
他にも借りたいのはたくさんあったけど、
読める時間も考えたら「このくらいが限度かな?」と。

この本の中で「手習歌 二種」ということで、
【あめつちのうた】と【いろはうた】が紹介されていました。

いろはにほへと ちりぬるを・・・は知っていたけれど、
あめ つち ほし そら やま かは みね たに・・・と
続く【あめつちのうた】は、知りませんでした。

tenarai2.jpg

以前思い切って買った「ハングル講座のテキスト」が
未消化のままだったので、この春はラジオ講座を聴きながら、
おさらいをしています。
内容は若干違いますが、先生が同じなのは超ラッキー。


【カッチ コロヨ(一緒に歩こうよ)】という曲は
講師の兼若逸之氏 作詞・作曲なのですが、
ハングルの基本子音と基本母音がすべて入っていて、
訳詞には50音図の音がすべて入ってる「手習歌」です。


같이 걸어요. (一緒に歩こうよ) 9月18日に悪戦苦闘しながら打ってました。

ブログはサボりがちですが、日記はまだまだ続けています。
3月もバッチリ皆勤賞でしたヨ。


1日はみんな平等で、24時間。

やりたいこと・やらなければいけないことの優先順位を考える。

今は、みっちり勉強したいので、しばらくはこのペースが続きます。


3月の最終週は、各番組、講師の閉講のあいさつラッシュ。

真剣に観たり聴いたりしているわけではないのですが、
おなじみの声とお別れするのはちょっぴり切ない。

そうそう感傷に浸っているわけにもいきません。
4月の第1週から【新講座】は早速開講します。


kanewaka.jpg

本屋さんから無料でもらって帰った
【2013NHKテキストナビ】
~探そう。咲かそう。なりたい自分。~

新作ばかりでなく、以前の再放送もあるので、
あの頃わからずに聴き飛ばしていたところを
もう一度学べそう。

【まいにちハングル講座】は平日の8:00~8:15なので、
通勤の車の中で聴く予定。
場所によっては雑音交じりだけど、気にしない、気にしない。

「ルールで楽しく! ル・ル・ル ハングル」
講師の兼若逸之(かねわかとしゆき)氏は
2012年韓国の「宝冠文化勲章」を受勲。

「兼若教授の韓国ディープ紀行 釜山港には帰りません」は
ハングルの勉強を始めてまだ間がない頃に読みましたが、
とてもわかりやすくて楽しい本でしたヨ。


haruki.jpg

It is a beautiful spring day.
The cherry blossoms are blooming.
A young boy and a little dog are walking together.
They are Shota and Charo.

春。その日は、とてもいい天気だった。
満開の桜の下を散歩する1人の少年と子犬がいた。
翔太とチャロだ。


Cherry blossoms dance in the breeze.
They fall on the two like a blessing from heaven.

風が吹いて、桜の花びらが舞い上がった。
まるで天から降ってくるように2人を包んだ。

私が受講したのは リトル・チャロ2 でしたが、
この春からは【リトル・チャロ4 英語で歩くニューヨーク】がスタート。


●そして、新学期、いちばん楽しみにしているのが
【英語で読む村上春樹 世界のなかの日本文学】

しっかりとテキストも購入済みで、
日本語部分のみ先に読んで・・・スタンバイOKです(笑)

図書館に本を返しに行ったついでに、またしても借りて帰りました。

フルタイムの勤務・家事・ラジオ講座・ブログ etc・・・
毎日時間に追われ、なかなか読む暇もないというのに(笑)

kikaine1.jpg

【奇怪ねー台湾】不思議の国のゆるライフ

青木由香:著 黄碧君:訳


新聞の広告欄で見かけたとき、面白そうだな~と
切り抜いていた本です。

とにかくおもしろい!!
彼女の視線や、表現の仕方。

でもちゃんと勉強もできる。
すべて中国語表記済。しかも繁体字(難しい方の漢字)


表紙の「タイトルの横の見慣れない記号」は、
台湾のみで使われる発音記号(注音符号)というものらしい。


kikaine2.jpg


【キム・テイのカジャカジャ! 韓国!!】
~韓国語で私らしい旅をする~


キム・テイ(金 秦 希)さんは韓国ソウル生まれ。
NHK教育テレビ「ハングル講座」や
放送大学「韓国語講座」にも出演していたのですね。
韓国スター来日の際には、司会兼通訳もなさるという・・・。


「カジャカジャ」って???
裏表紙にちゃーんと説明書きがありました。

"韓国語の「カジャカジャ<가자 가자>」とは、日本語で直訳すると
「行こう、行こう」で、英語の「GO! GO!」というニュアンスの言葉です。"


●가다(カダ)・・・「行く」

用言の活用にはいろいろあって、今でもいちいち本を見ながら
勉強中なのですが、叙述形だとか、命令形だとか、勧誘形だとか・・・。

これは、くだけた言い方(パンマル)(ヘ体)ですね。

♪ 行け 行け go go 行け go go
  行け 行け go go 行け go go ~ ♪

ついつい、長渕剛の曲をくちづさんでしまいました(笑)


【韓国・社会福祉法人「昭陽保育院」室内管弦楽団】

韓国・釜山広域市にある「昭陽保育院」は、1946年に設立され、
幼稚園児から大学生までの子どもが生活している児童福祉施設です。

音楽を通して子どもたちの心の痛みを治癒し、
生きる力を育成する目的で1999年7月、
昭陽オーケストラを結成しました。

釜山市を中心に各地で演奏活動を行っています。

北九州市訪問は、2006年、2009年に続いて3回目ですが、
音楽を通して多くの市民と交流の輪が広がることを願っています。

               ~プログラムより~


hoikuinn1.jpg

開始前、日あたりのよいロビーの一角で、ミニコンサートがありました。
人垣ができてたので、なにかな~と覗いたら、昭陽保育院の方数名と
響ホール室内合奏団の方が数名で、何曲か演奏してくれたのです。

写真担当スタッフの女性はカメラを2台抱えて、
あっち行ったり、こっち行ったり、大忙し!!
その隣で、ちゃっかり「とてもいい写真」をいただきました(笑)


hoikuinn2.jpg

【伽那歌楽芸術団】韓国からのお客様は、もうひと組。

"韓国・金海市にある伽那歌楽芸術団は、
2000年に無形文化財・沈清歌履修者である洪承子団長により
結成された韓国伝統音楽芸術団体です。

団員は10歳の児童から年長者まで、50余名で構成されています。

パンソリ、南道民謡、唱劇など各分野の専攻者をはじめ、
様々な職業の私たちですが、音楽に対する深い愛情で結ばれています。

創立以来、年平均50数回の各種招請公演と、年1回の定期公演、
さらにボランティア活動を行うなど、
韓国伝統芸術の継承と発展に寄与していると自負しています。

今後、その役割を果たすために更に精進していく所存です。"

この日は男性4人・女性1人の計5人でのステージで・・・。

演奏曲目は、唱劇「ペンパジョン」 
ちょっときわどいシーンもあったかな(笑)

セリフがわかれば、倍以上楽しめたと思うのですが、
まだまだ聞き取れるフレーズは少なくて。

●沈清歌(シムチョンガ)・パンソリ・ペンパ伝(ジョン)
今まで知らなかったので、もう少し調べてみたくなりました。

私の勉強というのは、いっつも、こんなカンジです。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち語学(ハングル)カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは語学(ゴガクル)です。

次のカテゴリは語学(中国語)です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.04