京都郡苅田町の最近のブログ記事

平成26年1月1日

新年あけましておめでとうございます。

fukub2.jpg

【午年】ということで、我が家になにか「馬にちなんだもの」がないかと
探していたら、出てきました・・・馬のぬいぐるみ。

しかもピコピコと音がするハンマー(笑)
ずいぶん前に夫がUFOキャッチャーでGETした景品です。

【第24回 高松宮杯 ナイスネイチャー】

【第38回 有馬記念 トウカイテイオー】

なんだか懐かしい響きですね。

fukukb1.jpg

苅田町の宇原神社に初詣に行きました。

交通安全のお守りを買い、「開運みくじ」を引くのが
毎年恒例、夫と私の「元日の儀式」

気になる学業は・・・ふむふむ、なるほど。

3月の試験で高得点を出せるようにと、
苦しいときだけの神頼み。


そのあとで「スイーツの福袋」を買いました。

チョコレートにクッキーにキャンディー。
どれもおいしい。ちょっぴり贅沢。

ささやかだけど、なんか幸せ。


●このノリで「縁起の良い初夢」が見れますように!!

今週の火曜日(10/22)から今日(10/26)まで、
三人の候補者が「この町の将来」の為に、
アツイアツイ戦いを繰り広げています。

matisen1.jpg


こちらにはこなかったけど、2つの台風の影響で、
雨の日が続き、候補者はもちろん、
ご家族や支援者も大変だったと思います。


京築(築上郡)の上毛町は、その日の内に新町長が決定しましたね。


matisen2.jpg


「恵まれている」と、よく言われます。

空港があり、大企業の工場もあり、ゴミ袋も配布されている。
買い物する場所も多く、コニュニティバスも運行してるし・・・。

あっ、でも、駅の評判はよくないかも(笑)
 
立派になって使い勝手が悪い「苅田駅」と、
駅周辺も含め、危険で不便な「小波瀬西工大前駅」


●さあ、明日は投票日。

この町の住人は、果たしてどういう判断を下すのだろう。
即日開票なので、深夜前には「舵取り役」が決まります。


ホントは昨日ご紹介する予定でしたが、
やなせさんの訃報が飛び込んできたので、
1日ずれてしまいました。

46ji1.jpg

西日本工業大学 大学祭 
平成25年11月2日~4日 おばせキャンパスにて開催

【第46回 美夜古祭】祭大級~46時中盛り上がれ!~

毎年、実行委員会の方たちがタイムテーブルを同封した
案内を届けてくださいます。


46ji2.jpg

初日は13時~20時 LIVEフォークやキャンドルナイト

二日目は名物のプロコンサート(お笑いライブ)
今年のゲストは【流れ星&どぶろっく】ですね。
12時からで入場無料!!
(野外メインステージ 雨天時は総合体育館2階)


最終日はビンゴ大会にダンスショーに花火。
ほかにも楽しい企画が盛りだくさん。

去年は「沖縄エイサー」を見に行ったら
九十九先生がいらしてビックリしたっけ。

「FMきたきゅう」でパーソナリティーをしている
(ギターの)チャーリーさんとの出会いもありました。


そういえば、今年も来るって言ってたなあ。
11月3日かな? 11月4日かな?

町内にある公園で、名前だけは知っていたのですが、
行ったことはなく、たまたま通りがかったのでパシャ。

sinkai1.jpg


平日のお昼頃で、まだ暑い時だったので、
だ~れもいませんでした。

「へえ、ここは広域避難場所なんだ」

そうそう、自分が住んでいる場所の避難場所、
きちんと把握していますか?

先週の台風では、北公民館に自主避難されている方を
NHKのニュースで見ましたネ。

私の暮らすエリアでは、
てっきり地域(区)の公民館だと思っていたけど、
小高いところにある【コニュニティセンター】の方でした。


そこの隣の【西日本工業大学】も高台にあるため、
災害時の避難場所に活用するなど、
町と協力関係を深める「包括的連携協力に関する協定」を結んだと、
きのう届いた広報誌を読み知りました。

sinkai2.jpg


自分の住む町のことでも、知らないことがまだまだたくさん。

「大学の図書館も利用できればいいのにな~」と思っていたら、
「一般でも受付を通して入館でき、閲覧のみ可能」だと
フリーペーパーに出ていたので、早速行って、
おまけに食堂で定食まで食べて帰りました。

アサジさんのブログの「留学生の交流会」が行われた会場ですヨ(笑)

この町の図書館は、昨日まで蔵書整理で休館でした。

借りていた本の返却日が長くなったのはラッキーだったけど、
別の本のことを調べたりできなくて、やっぱり不便。

休み明けの今日、早速、近くの公民館(図書館の分館)に
行って来ました。

welc2.jpg

二階の図書館で、約1時間かけて、これから2週間読む本を選び、
一階のロビーの椅子にちょっと腰をおろして、早速パラパラ。

ホールでは、なにやらイベントの準備中。

【ウェルカム!かんだ 国際交流ひろば】でした。

「こんにちは」と声をかけられたので会釈すると、
苅カレでいつもお世話になっている職員さん。

午後から予定が入っていたので、参加できませんでしたが、
写真だけ撮らせてもらいました。

welc1.jpg

ホワイトボードには世界地図。

壁面には「タイ」と「韓国」
それぞれの面積や、お料理を紹介した模造紙も貼られています。

どれどれ、タイのお料理は「トムヤムクン」「パッタイ」「グリーンカレー」
韓国は「サムゲタン」「チヂミ」「タッカルビ」「ムッ」

次回は10月20日 【第5回交流会 日本を知ろう!苅田を知ろう!】
日帰りバス旅行(日本を知る旅)で、国東半島まで行く予定ですね。


座禅体験なども組み込まれていて、楽しそ~。

昨日が雨だったので、心配でしたが、
日中暑いくらいでしたネ。

さあ、今日は苅田山笠の大きな見せ場!!


買い物に行ったりですっかり出遅れ、
会場の苅田町役場駐車場に着いたら、
宇原神社のお神輿は、ご出立(しゅったつ)済でした。。。

yobaru1.jpg

北のいちばん遠いところは、雨窪(あまくぼ)
南は、与原(よばる)かな? 尾倉(おぐら)かな?

くじ引きで決まっていたという組み合わせで、
突き当てが始まり、ドーンと衝突したあとは
紙吹雪がヒラヒラ舞うわ、白煙はモクモク上がるわ。
ドライアイスをこっそり仕込んでたんですかぁ。

yobaru2.jpg

苅カレOB会のメンバーも、各区の法被を着て大活躍していましたヨ。
夫の同級生も、あちこちにいるし。

年長者がいて、私たちの世代がいて、若い人たちと子どもたち。
「お祭りって、やっぱりいいなあ。」

お財布は置いて行ったので、
「今日のおみやげ」は数枚の写真と、
夫のカバンにくっついてきた2枚の紙吹雪でした。

あんなに暑かった夏も終わり、過ごしやすい気候となりました。


京築地方、週末ごとに各地でイベントやお祭りがあり、
とても全部にはいけない状況ですが、
ありがたいことにブログ仲間の記事や、
フェースブックのおともだちからの写真で
行った気になれてホクホク。


ギブアンドテイク、こちらからもお返ししなければ・・・ね(笑)


ukidono2.jpg

10月の第1日曜日と言えば・・・これは外せません。
【苅田山笠 神幸祭】

9月22日の深夜の鉦卸しから始まり
~ 連歌奉納祭 ~ 灯山 ~ 汐かき(幟山) ~ 神幸山(岩山)

今日10月5日(土)は夕方、JR苅田の駅前に数基の山が。
そして明日10月6日(日)は、苅田町役場の駐車場
(浮殿の地[神事場])に岩山が集合します。

浮殿神社の階段からだと、全体像がつかめますヨ。


今年は苅カレの同級生:田舎爺さんが当場なので、
詳しくレポートしてくれています。

鉦卸し(かねおろし)

資料によると室町時代から続く宇原神社のお祭りで、
大正時代の白黒の写真も残っています。
(苅田町合併50周年記念誌より)


ukidono1.jpg


気がかりなのは、今日と明日のお天気ですが、
「土砂降りでも強行」した年もありましたから、多分、大丈夫かと。

昭和41年 県営殿川ダム完成

9202.jpg

せっかくなので、殿川ダムのことも紹介したいと思い、
ぶ厚い資料をめくりました。

苅田町合併50周年記念誌
【軌跡 かんだの歴史】

1942年(昭和17年)に着工した県営苅田地方用水事業。
用地買収も基礎工事も一部終わっていたけれど、
戦争のために一時中断。
戦後、再開されたけど、いろいろと問題があったようで、
1966年(昭和41年)に、やっと完成したそうです。

今年で47歳ですね。

9201.jpg

この水面の向こう側には、【内尾の薬師如来坐像】
階段を上るのは、ちょっと息が切れるけど、
せっかくここまで来たのなら、是非とも!!


ところでこの資料の巻末には、
「方言」や「旧村の地名の由来」も載っています。


腹がせく(腹が痛む)

かくうち(コップ酒)

じるい、じりい(湿っている、じめじめする)

ああ、ダメだ。
読み出したら、止まらない・・・。

まるで2輪のライダーのようなタイトルですが。
マイカーで京都峠を越えただけです。
なんとも「大げさ」な・・・(笑)

「離合するのに気をつけたほうがいいヨ」と言われてたので、
なんとなく敬遠していたのです。


みやこ町勝山まで行ったので帰り道、白川方面より。

その前に【西部公民館】で図書館チェック。
みやこ町の図書館は今、蔵書整理でお休み中だから・・・。

こちらは「絵本の見せ方」が、なんともいいカンジでした。
掲示板もチェック。ちゃんとリンボウ先生の講演会の案内も。

sirakawa1.jpg

今まで苅カレのフィールドワークや、
等覚寺地区散策の時に、学校側が用意した車で行ったきりです。

要所要所に案内が出ていたので迷わずに行けました。
が、頂上付近で車を止めて写真を撮ろうと思っていたら、
進行方向側には駐車スペースがなく、
あれよあれよと言ってる間にドンドン下り、
【殿川ダム】のところまで降りてしまいました(泣)


トンネルの手前でユーターンして山側に止めるべきだったわ。
次回は、忘れないようにしなければ。
(稲刈りが終わった京都平野、みなさんにお見せしたかったです。)

sirakawa2.jpg


せっかくなのでダムのほとり、木々の間から臨める海をパシャ。
手前のホースみたいなのはベルトコンベアー。
発電所の鉄塔や、港や空港、パーッとひらけて大好きな場所です。


「あればいいのにな~」と思ってたら、
ちゃんとありました。

ただし、10月1日から11月10日の土曜日のみ実施。


moe1.jpg

【苅田町工場萌えツアー】苅田港内クルーズ


萌える:草や木が芽を出す。めばえる。

燃える:火がついてほのおが立つ。
     気持ちが強く起こる。


「萌え」って、ほんとは植物に使われる言葉なのかな?

メラメラと燃えるほどではないけれど、
ほんわかと好奇心が、遊び心が、刺激される感じ?

辞書をひいていると「萌黄」がとなりにありました。
萌黄(もえぎ):青と黄の中間の色。黄色がかった緑。
やっぱりやさしいイメージですね。

moe2.jpg


瀬戸内海沿岸のコンビナートのあかりや、
北九州市の皿倉山や足立山からの夜景もキレイだけれど、
ここ苅田の工場の夜景もけっして負けてはいませんヨ。

しかも嬉しいことに、こちらのコースは
苅田町認定ガイドの案内付。
夕食(はも丼 + お吸い物)も付いてます。


「あの工場は? あっちは?  こっちは? そっちは?」
三菱マテリアルに、トヨタ自動車に、日産自動車 etc...
海から見る「夜の空港」もロマンティック。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち京都郡苅田町カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはみやこ町(豊津)です。

次のカテゴリは新極真会(空手)です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.04