みやこ町(犀川)の最近のブログ記事

平成25年12月29日 日曜日

久しぶりに実家(みやこ町犀川)に行ったので、
帰りに四季犀館にも寄って帰りました。


umematu2.jpg


平地でも雪がチラチラ。
馬ケ岳も雪化粧をしてて、いつもとは違うおごそかな風景。

お店では「あんこ餅」をパックに詰めて、
ラベルを貼って店頭に並べている最中でした。

できたての「あんころもち」もいいけれど、
ストーブの上で焼いて食べるのも大好きです。

「何日まで営業ですか?」
「12月31日 14時までです。」

みなさまのお宅では、お正月を迎える準備は、整いましたか?


umematu1.jpg

【松竹梅】も、出品者の方によって、
ちょこっとずつ中身が違っていて、見ているだけでも楽しい。

昔(私たちがこどもの頃)に比べると、
元日から営業しているところも増え、
お正月気分も薄れてきている気もしますが、
大切に伝えていきたい日本の風習です。

●そうそう、四季犀館は1月4日までお休みで
1月5日から平常営業されるそうです。

生産者の方たちも、それぞれに「お正月休み」
店員さんたちも、久しぶりの連休ですね。


帰省したお子さんや、お孫さんとの時間を過ごしたり、
氏神さまのところに、初詣に行かれたり・・・。

リフレッシュして、また来年も頑張りましょう。


義理の母が、毎年8月になると、決まってこう言います。
「もうすぐ盆が来(く)るぞね。」

甥っ子たちが、まだ小さかった時は数日泊りがけで
やってきましたが、大学生と高校生になった今は、
いろいろと忙しいみたいで、今年は日にちが合うかなあ?

obon1.jpg

久しぶりに犀川の実家に行きました。
【四季犀館】にも立ち寄りましたが、どれくらいぶりだろう。
「ほおずき」や「切り花」を手にしたお客さまが多かったようです。

私も仏壇にあげてもらおうと「お供えセット」を買いました。
もうひとかた小さいのや、果物だけの組み合わせもありましたヨ。


obon2.jpg

他には、母のおやつを・・・(笑)


遠くから帰省する家族を迎える日の料理。
夏と言えば焼肉!!

甥っ子たちのリクエストで、夫の実家では
毎年、ホットプレートでの焼肉でした。

食後は、家の前での「花火」もね。


●【四季犀館のバーベキューセット】は、
おいしいタレもついているので、きっとみんなの人気者。
(なにせ、料理上手な「猪かあちゃん」のお墨付き)

野菜だって、ここで揃っちゃう。
なすびに、ピーマン、かぼちゃに、たまねぎ、その他モロモロ・・・。

そして、ふるさとでお盆を過ごし、いつもの生活に戻るために、
愛しい家族が帰る時の手土産も、いろいろとそろっています。


地元のお酒や、お茶や、かずら筆。
地産地消、これってとっても贅沢なことです。

うずめさんとの出会いは、約2年前:ブログの講習会でした。
場所はここ、犀川駅の二階の「月曜日の文章力講座の日」

【伊良っしゃい・夢水車】のタイトルで、
伊良原のことを時々教えてくださいます。

いちばん覚えてるのは、火事があった日のこと。
みんなで炊き出しをしていましたよね。

uzume4.jpg

この日の昼食は「うずめの会」さんによる
犀川の旬の食材たっぷりの昼食バイキング。

おいしそうなお料理がズラッと並んだ写真は、
井上町長の3月9日(当日)のブログの記事でチェック済みのはず。

盛り付ける器もシャレてるでしょ?
厚みもあって、いい感じでした。


uzume3.jpg


お箸の袋には、こう書かれています。

"箸は甘味・苦味・渋味を噛むもの"

"田舎の手料理しかできませんが精一杯の気持ちを
お届けできればと思っています。

伊良原のおいしい水・米・自然を
お感じ下さればしあわせです・・・うずめ。" 


 
折り紙で作られたケースの爪楊枝も
お箸の袋に、ちょこんとセットされていて・・・。

駅弁についているような取っ手付きの容器のお茶も
各人にひとつずつ用意してくださってました。

このラベルが、またすごく良くて。


「うずめのきもち 寒茶」
冬の茶葉は芽立ちのために たっぷり栄養を蓄えています。
一枚一枚丁寧に摘み 蒸した素朴なお茶です。

手づくり茶   うずめの会

食後、食器とお茶の容器をゴミ袋に捨てようとしていた方に、
「よろしければ、お茶のおかわりを入れてお使いください」と
さりげなくうながしていた、うずめの会のお母さん。

朝早くから準備が大変でしたね。
ごちそうさまでした!!


おなかペコペコだったので、おにぎりを4つ
先に食べ、他のおかずがあまり入らなかったのは、
ちょっと失敗だったかも(笑)

駅の待合室の中で目をひくのは、この【犀龍】

sst2.jpg

運賃表を背にして椅子に座ると、じっくりと見ることができます。

子どもの頃、実家の座敷に
「白っぽい小ぶりな切り株」があったことを思い出しました。
不思議な形だな~ と日々、眺めていただけでしたが(笑)

そうそう、父は【マムシ酒】なるものも仕込んでいたこともあり、
それはサイドボードの中に収められていたのだけれど、
前を通るときは、いつもそこは見ないようにしてました。
だって、やっぱり嫌だもの・・・。


sst1.jpg

やっぱり好きな【掲示板】というか、周辺の案内図。

たいていどこの駅にもあるので、ひととおりチェックします。

「かわかみ」さんのところあった学習塾、
同級生のほとんどが通ってたっけ。

私は行ってなかったけど。

郵便局の横には「行橋信用金庫:犀川支店」もありました。

体育館の奥、今は公民館のある場所にあった「犀川保育所」が
郵便局の近くの今の場所に移ったのは、いつ頃だっただろう。

当時、保育所に行くのは徒歩だったので、
たまたまバスに乗せてもらった時は、すごく嬉しかった~。


●My hometown  今は合併して「みやこ町」だけど、
長年慣れ親しんだ「犀川」の方が、やっぱりしっくりくるのです。


駅を真正面から撮った写真は、まだお見せしてませんでしたね。

town1.jpg

私が学生時代に通学で利用していた駅は、建て変わる前の
古い建物で、こんなにシャレては いなかった。

hometown というタイトルで書こうと思ったら、
浜田省吾さんの【Down by the Mainstreet】のCDがピッタリで・・・。

歌詞にのせながら、紹介していきましょうか。

~MONEY~

"この町のメインストリート 僅か数百メートル
さびれた映画館と バーが5、6軒
ハイスクール出た奴等は 次の朝 バッグをかかえて出てゆく"

(映画館すらありません・・・が、老舗のお好み焼き屋さんはあります。)


town2.jpg


~DADDY'S TOWN~

"Good-by little Daddy's town
コンビナートの あかりに浮かんだ
Good-by little Daddy's town
悲しい程 ちっぽけな My hometown"

(コンビナートのあかりとも無縁です。。。)

浜田さんは広島の、たしか呉市の出身ですものね。

~MAINSTREET~

"もう何も言わないよ
言えば この町のことや みんなの事を きっと恋しく思うから"

お正月に約30年ぶりの、中学時代の同窓会がありました。
会費も高かったし、どうしようかな~と、少し迷ったけれど
参加してホントによかった。

やっぱり、ここが 今までもこれからも【MY hometown】


平成25年1月3日(木) 雪のち曇り

16時からの【京都ホテルでの同窓会】に出席しました。

saityuu1.jpg


年末年始のお休みも今日までで、明日からは仕事です。
なので、二次会には行かなかったけど・・・。

今日の、京都ホテルさんの宴会場は、他にも二つ同窓会が入っていましたネ。


●犀川中学校を卒業して30年以上。

こうして集まったのは初めてのことです。
幹事のみなさん、お疲れさまでした!!


やっさん・いっちゃん・おぶしくん・てるぼー。
久しぶりの同級生の顔は面影がある人もない人も・・・。


名札を確認しても、ピンとこなかった方もいましたっけ。


私も学生時代は、地味~な方だったので(?)
わかりずらかったひとりかも知れません。


4つ上の、姉の同級生には【twins 奥村さん】がいますが、
私たちの学年には【twins 原田くん】がいて、
今日も会場でいちばんの人気者。

saityuu2.jpg


定刻が近づき会場に入って、まずは適当に
3つの円卓に10人ずつくらい。

テーブルごとにステージに上がり、ひとりずつ近況報告。
ここでも大活躍したのが、A4サイズの似顔絵。
きっと使うだろうな~と、ひそかに準備しておりました。


途中で席替えタイムがあり、血液型別になったり、
誕生月別になったり、メンバーのシャッフルを。


健康の話や、親の話、みんなそういう歳になったのね。
髪の毛に白髪がまじってる方もチラホラ。
私も人のことは言えませんが・・・(笑)

閉会間際、同じテーブルの人たちから
「物故者が数名いる」ことを聞き、ショックを受けました。

みんなそれぞれ、卒業以来、元気に過ごしているものだと
ばかり、勝手に思い込んでいたので。


次回の幹事も時間内に決まり、
来年の夏(8月)に開催しようという話になりました。


●またハガキが届いたら、ここでお知らせしたいと思っています。


今は【平成筑豊鉄道】だけれど、前身は国鉄:田川線。
実家の最寄りの駅は【犀川駅】徒歩約5分。

dousoukai1.jpg

私の学生時代は、こんなに立派な、きれいな駅舎ではなかった。
まっすぐの道が犀川のメインストリートで、お店屋さんが並んでて・・・。

先日久~しぶりに歩いてみたけど、ちょっと寂しい。
かかりつけだったimane医院も更地になってしまってるし。


udo商店は、よくお使いに行ってたっけ。
あの頃は玉子のパックがなくて、おばちゃんが新聞紙に5個並べて、
パパっと包んでくれたのだけど、いつも見とれてました。

写真館と床屋さんの間の細い道は、横が小さい川(溝?)で
反対側が田んぼで、蛇が出るのが怖かった。


doousoukai2.jpg

「同窓会のハガキが届いてるから」と実家から連絡があったけど、
なかなか行けなくて、もらって帰ったのは「みやこNETの大望年会」の日。

"私たちが犀川中学校を卒業して早30年もすぎさりました。
これまで卒業してから一度も?同窓会を行っていませんでした。

折り合って同郷で育ち同じ中学で学んだ絆を大切にしたく
初めての同窓会を開催したくご案内いたします。"


●2013年1月3日(木) 京都ホテルでの初めての同窓会

幹事のみなさん、大変でしたね。
masaeda君から電話があったのは、このことだったのですね。

会費 8,000円は、かなり痛いけど、出席で返事を出しました。

みんなの顔を見て、すぐにわかるかな?
楽しみでもあり、不安でもあり・・・。


平成24年10月20日(土) 快晴

気候がいい秋は、イベントが盛りだくさん。
北九州市で行われたB-1グランプリは人出がすごかったみたいだし、
苅田町でも白山多賀神社で森のコンサートが行われましたね。

food2.jpg

私はと言えば・・・やっぱりこれでしょ。
みやこ町の【みやこミュージックストリート2012 ~Autumn~】
しかもコンサートの前は、フードコートのお手伝い付き。


デスクワークに日々にすっかり慣れきった身体には、
「コンクリートの上での立ち仕事」は、ほんの数時間でこたえて、
昨夜から今日の朝まで、腰が曲げられない状態でした。。。


母との夕食の調達もかねて、フードコートに出店されてる方たちの
ブースをひとつずつチェック。


なにがいいかな~? 
どれもおいしそう!!


「おいしそうな商品」と、「お手ごろな価格設定」
なによりも威勢のいい掛け声と、勧誘の巧みさ(?)に、
お財布の紐は【超ゆるゆる~】


●崎山ひまわり会の「やきそば」でしょ。

●柳瀬営農組合の「芋スティック」に「味ご飯(いなり)」でしょ。

●松木果樹園さんの「焼き栗」は、母もとても気に入ってた様子。

●一人で頑張っていた「麦の穂ママ」は夜中の2時から準備してたそうで、
買って帰ったパンは、しっかり今日の朝食に。

food1.jpg


●初出店の「お好み焼き おがた」は、ハーフサイズのみ。


これがまた「いろいろなものをちょこっとずつ食べたい顧客心理」に
ピッタリだったようで、休憩時間の分も見越して、
追加で焼いていたのに、開演前に完売していたようで・・・。

猪かあちゃん、さすがです!!


La vie en rose さんも早い時間で完売してましたね。
四季犀館ブログメンバーも、会場で頑張ってました。


みやこ町 (犀川) って、四季犀館(ブログ)と井上幸春町長を中心に
なんかすごくまとまりがあるというか、いいカンジなのです。

これからも「日本一元気な町」を目指して・・・エイエイオー!!

二年前のお盆休みに入る前、
まちづくりの師匠の【今泉先生】に時間を作っていただいて、
サングレートみやこのロビーで1時間くらい、話を伺いました。


苅田まちづくりカレッジの授業の日以来、
ポツポツと、やり取りを続けていたんです。


たまたま、この日は別件で【みやこ町】に来る用事があったそうで、
私の仕事が終わるのを、図書館で待っていてくださいました。

「みやこ町ふるさとガイド」のことを聞いたのも、その時。
いろいろ話している中で【伊良原】の話が出たのです。
「私の父の里は、伊良原です。」


kouku2.jpg

翌日だったか、数日後だったか、実家に行った時に、
この冊子があったのを思い出し、引っ張り出して母に聞きながら、
卒業者名簿の中の、関わりのある方たちの名前のところに
付箋をつけていったら、ビッシリ・・・。


明治39年度:父の父

大正4年度:父の母(白血病で、私が生まれる前に亡くなっています)

昭和3年度:「豊津のばあちゃん」の名前を発見。

昭和20年度:父がいました。

昭和21年度:母の妹が嫁いだ、おじさんの名前もあります。


父の兄弟や、本家のおじさん、もっと繰り下がると、
いとこのおねえちゃんやおにいちゃんの名前も。

kouku1.jpg

昔の地図もあったのでパシャ。
地名の読み方、最近気になっています。

英語や韓国語にも、続いたら変化するのがあるんだけれど、
例えば、シャラップ!(おだまり!)はshut up!だし
Got it! (わかりました)は、「ガリッ」て聞こえる。

「岩屋河内」は「いわやごうち」
「釜之河内」は「かまんこち」

行橋の「天生田」は「あもうだ」

調べていったら、どつぼにとっぷりはまりそうです(笑)


「鐙畑」=「あぶみはた」と伊良原は、犀川の駅からだと
方向もまったく違って、どちらも遠いのですが、
こうして地図で見ると「山越」で行き来していたのがうかがえます。

●伊良原小学校は、この1学期で、【この場所での歴史】を閉じました。


※追記

先程、ブログを読んだと母から電話がありました。
「伊良原小学校は閉校じゃないよ。」「うん、知ってる。」

●在学中の子どもたちは、2学期からは上伊良原の中学校まで通います。

私の言葉足らずで、読者のみなさまにも誤解を与えてしまったかもしれません。
お詫びして、訂正いたします。

お盆前の製品の出荷も落ち着いて、さあ今日から5連休。

夫は今日まで仕事なので、起きたついでに7時からの
【英会話タイムトライアル】5日分も聞きました。
来週は、お盆休みの期間ということもあり、再放送ですヨ。


草むしりも気になってたけど、あいにくの雨。
これ幸いにと、まったりと過ごした午前中。


zarigani.jpg


午後からは犀川の実家に行ってきました。
【みやこスタイル】の塩見直紀さんの回に参加した時以来。
あの日もバタバタしてたので、母とはゆっくり話をする暇もなく・・・。


姉ともここのところ、話をしてなかったので、
お好み焼き屋の店内でパソコンの画面を見ながらの近況報告。


まあ、ふたりとも四季犀館ブログとFacebookやってるので
お互いのことはだいたい把握できてるのですが・・・(笑)


帰りは、もちろん【四季犀館】へ。
店長が店内にいらしたので近寄って声をかけました。


「先日はお疲れさまでした。」行橋でのカレーフェスタのことね。
「おかげさまでいい記事が書けました。」

「モデルが良かったからねえ。」
「はい、足のクロスもバッチリ決まってました!!」

「今日も何枚か写真を撮らせてもらいましたから。」

hyoutan.jpg


店頭の【ザリガニ】は値段がついてなかったので、
来店したこどもたちの遊び相手かな?


「緑のカーテンの役目」をしっかり果たしたと思われる
道路沿いの【ひょうたん】
実家の自転車置き場で父が育てていましたっけ。


畑では【ヘチマ】もね。


どちらも水につけて腐らせてから加工するんだけど、
その過程がとてもクサかったことはしっかり覚えてます(笑)


それにしても、店内の商品ではなく、こんな写真ばかり撮る私って
やっぱりちょっとヘンかも???


このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちみやこ町(犀川)カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはみやこ町(勝山)です。

次のカテゴリはみやこ町(豊津)です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.04