日豊本線沿線:北九州の最近のブログ記事

最近、北九州ネタばかりですね。

田舎者の私にとっては、見るもの聞くもの、
すべて刺激的な街で、ブラブラ歩くのも楽しい。

uomati1.jpg

いつも同じ道ばかりではなく、
ひとつ先の角で曲がってみたり、路地裏に入ってみたり・・・。

お店のシャッターや、看板や、張り紙。
映画館のポスターや上映案内、イベント情報 エトセトラ。

uomati2.jpg

ショーウインドウのマネキンは、洋服よりも、
本体の方に目がいきます。

手や足の動きだとか、顔の上向き具合とか・・・変でしょ(笑)

「途中でリタイアして、そのまま帰っても結構ですが、
その場合は名札に書かれてある番号を本部に連絡してくださーい。」

「具合が悪くなった時は、本部よりも救急車の方が、いいです。
自己責任で電話してくださーい。」

kanpo2.jpg

茶目っ気たっぷりの「注意事項の説明」のあと、
コース別に順番にゲートに向かい、
いよいよピストルの音でスタート。

傘を杖がわりに、キョロキョロしながら、
ゆっくりと歩いて約90分。

たまたま同じ頃に帰り着いた方と、手と手をつないでゴールイン!!


証明書を受け取り、景品を選び、
あたたかい「ぜんざい」をいただいてから帰りました。


kanpo1.jpg


「名札を返さなきゃ」と思ったら、「結構ですヨ」とのことで、
これから先、弱音を吐きそうな時、引っ張り出して気合を入れよう。

「あの時、ちゃんと最後までできたじゃない」って。

翌々日、しっかり筋肉痛だったけど・・・(笑)

関係者のみなさま、大変お世話になりました。
気持ちよかったです。


「地図には信号機の名前が入っています。」

「基本的に左側の歩道を歩きます。」

「必要と思われるポイントには警備員や、
ボランティアのスタッフが待機しています。」

ちゃんと曲がり角や分岐点で案内してもらったので、
地図でいちいち確認することなく、歩くことができました。

walk1.jpg

(スタート)勝山公園 ⇒ 市役所前 ⇒ 小倉北署前 ⇒ 西小倉小学校下 ⇒ 
青葉1 ⇒ 小倉高校前 ⇒ 交番前 ⇒ 日明3丁目(ここが分岐点)⇒ 
白萩町 ⇒ 小倉工高前 ⇒ 下到津 (ここで左折) ⇒
金田(小倉裁判所前の金田公園で小休憩) ⇒ 田町 ⇒ 
北九州ソレイユホール北 ⇒ 勝山公園(ゴール)

到津(いとうづ)で信号にかかったので【都市高速】の入り口をパシャ。

JR日豊本線の上の橋からは、いつも電車の窓から見ていた
【JR小倉総合車両センター】を表から。

walk2.jpg

歩いていたからこそ、撮れた写真ですね。


そういえば学生の頃、北九州市内には、
まだ西鉄の路面電車が走っていましたっけ。

第一回 北九州小倉ライオンズクラブ50周年記念事業
【手と手を合わせて50Kmウォーク】
少し前にチラシでご案内してましたよね?

50kiro2.jpg

土曜日は、まちづくり塾と、交流会があったにもかかわらず、
翌日の日曜日は、こちらのイベントに参加してきました。


以前は、車に頼りっぱなしで歩くことはほとんどなかったけれど、
最近、もくもくと(?)、よく歩くようになったので・・・。

雨の日も、風の日も。
ポカポカと暖かい日も、ブルブルと肌寒い日も。


この日はお天気がちょっぴり心配だったので、
「杖代わり」にもなるように
「折りたたみ式ではない傘」を持っていきました。


8時40分頃、受付場所(勝山公園)に到着。
参加料を払い、受付を済ませ、名札や地図をもらいます。

このイベントのことを教えてくださった方も
裏方さん(ボランティア)として、いらしたので、
早速、ご挨拶「おはようございま~す!!」


50kiro1.jpg


みんなで、準備運動代わりにやった【ラジオ体操第一】
ひんやりとした空気の中で、とっても気持ちがよかったなぁ。


20kmコースの方からのスタート。

15kmコースは、参加者が少なかったみたい。

10kmコースの方たちが出発した後で、
私も含めた5kmコースのスタートです。

おとうさん、おかあさんと、手をつないだお子さん。
ベビーカーを押しながらの若いお母さん。

自分たちのペースで無理のないように歩きます。
信号待ちで一緒になったり、離れたり・・・。

●心配していた雨も降らずに、絶好のお散歩日和でした。

JR小倉駅からモノレールに乗って
二つ目の【旦過(たんが)】で下車 
片道(大人)100円

駅から、お散歩がてら歩いても、それほど距離はありません。

sugawara2.jpg

商工貿易会館側に降りると、すぐです。

●小倉(こくら)の「菅原神社」

最近は、この付近を歩きながら、野良猫とちょっと遊び、
手を合わせて、牛の「鼻」と「おでこ」をなでるのが日課。


sugawara1.jpg

みんなからも、なでられているようで、
そこの部分だけテカテカでした(笑)

3月16日(日)のTOEIC試験の申込を済ませました。

大宰府天満宮、築上町の綱敷天満宮、そして「菅原神社」
学問の神様、なにとぞ、よろしくお願いします!!

5Km + 10Km + 15Km + 20Km = 50Km


lion1.jpg

1月最後の日曜日に予定されている、
北九州市でのイベントのチラシを入手しました。

「北九州小倉ライオンズクラブ50周年記念
 東日本大震災復興チャリティー事業」

"手と手を合わせて50Kmウォーク"


■大会趣旨

北九州小倉ライオンズクラブ結成50周年に伴い、
東日本大震災復興と青少年の育成、また市の発展に貢献し、
市民の方に広くライオンズクラブを理解して頂くために
この事業を開催します。

家族や仲間と楽しく歩きながら北九州市の文化や風景に親しみ、
健康づくりを目指しましょう。


●5Kmコース(所要時間の目安:約1時間15分)

●10Kmコース(所要時間の目安:約2時間30分)

●15Kmコース(所要時間の目安:約4時間)

●20Kmコース(所要時間の目安:約5時間)


全部のコースを足していくと、
ほーら、ちゃんと50Km!!

lion2.jpg

■参加資格

大会の決まり、ウォークマナー(特に交通ルール)を守れる人で
国籍、年齢、性別は問いません。
ただし小学生以下は保護者、歩行に障害のある方は
介助者の同行が必要です。


※申込締め切り・・・1月20日(月)
まだ間に合いますヨ。(参加費は当日受付にて)


車や電車やバスで移動することは多くても、
なかなか自分の足で歩かないから、
普段は気づかずに見過ごしているものが、
きっと、いっぱいあるはず。


●おもしろい看板や、記念碑や、お地蔵さん。

●今まで知らなかったステキなお店や、
洋服屋さんのウィンドウのディスプレイや、
各飲食店のおすすめメニュー。


うーん、やっぱり気になるなあ。


体力には自信ないけど、5Kmコースだったら、
なんとか、ついていけるかも。


北九州市小倉北区の商店街。

●朝、気になっていたこの黄色い幟(のぼり)

【小倉十日ゑびす祭 宝恵かご道中】
(小倉中央商業連合会)

「そうか、今日は10日だから、なにかあるのかな?
 帰りもここを通ってみようっと」


ebisu2.jpg

日中は人通りが多くて、キョロキョロするのは、危なっかしい。


だけど、開店前のひっそりとした朝の商店街は、
両サイドのお店のシャッターや看板や張り紙を
じっくり見れるので、けっこうお気に入りのスポットです。

旦過市場の魚屋さんの店頭では氷が敷き詰められているところだったり、
八百屋さんの前では、小分け作業をしていたり、
お惣菜屋さんの前を通ると、おいしそうな匂いに鼻をくすぐられたり・・・。


ebisu1.jpg

夕方の魚町交差点あたりで「かご」を発見。

お目にかかれてラッキー!!
今年1年いいことが続くかも???

JR黒崎駅舎を背にして、左手が「黒崎井筒屋」

●右手が今回の目的地の「北九州ひとみらいプレイス」です。

どちらへも「ペデストリアンデッキ」で、つながっています。

スロープや階段沿いにも【軍師 官兵衛】の幟(のぼり)が、
ズラズラズラ~っと並んでました。

mirai1.jpg

「北九州国際交流協会」のメールマガジンの配信を受けているのですが、
こちらに移転したというので、気になっていたし・・・。

7階・・・子どもの館

6階・・・ハローワーク、社会福祉協議会ボランティアセンター他

5階・・・西部障害者福祉会館、点字図書館、聴覚障害者情報センター

4階・・・西部県税事務所(4階~6階には八幡西区役所も入っています)

3階・・・北九州国際交流協会、市民活動サポートセンター他

2階・・・若者ワークプラザ北九州・黒崎、九州国際大学地域連携センター他

1階・・・黒崎歴史ふれあい館(1階~3階には八幡西生涯学習総合センターも)

B1・・・第2夜間・休日急患センター、くろさき少年支援室、ユースステーション他

mirai2.jpg

「まちづくり」は「ひとづくり」

"それぞれの目的や機能が異なる8つの施設が
「人づくり支援」という共通の目的を目指す、
北九州では初めての複合施設です。"

    ~ パンフレット(安藤所長のあいさつ文)より引用 ~


いいな、いいな、ここ。

駅からすぐだし、いろいろな施設が集中してるし、
NPO関係の資料や本も充実しているし。


わが町にも欲しい!!


北九州芸術劇場 + 市民共同創作劇

【Re:北九州の記憶】

re1.jpg


JR小倉駅のポスターを見て、いいなと思い、
パンフレットをもらって帰りました。

今週の土曜日から3日間。
最終日には終演後にアフタートークも予定されています。

"北九州という街はどんな街なのでしょうか。
どんな人がいて、どんな生活を送り、
今この街が成り立っているのでしょう。"

re2.jpg

門司・小倉・若松・八幡・戸畑・。
(旧)5市が合併して誕生した「北九州市」
昭和38年2月10日。九州初の100万人都市の誕生。
あれから、はや、半世紀。

"誰にも話したくない出来事を誰もが持っている。
 誰かに話したい出来事もある。
 忘れてしまいたい、忘れてはならない、
 知らない方が良い、知らねばならぬ、そんなものもある。
 けれども、語る機会があるのなら、語られる話を私は聞きたい。"

"語られなければ記憶は消え去る。 
 語られれば、また誰かの記憶に残る。"

            ~パンフレットより引用~

北九州市以外でも、語られる話があれば、私は聞きたい。

おじいちゃんやおばあちゃんから、
もっともっと話を聞いておけばよかった。

あれぇ、同じ住所だ。

【北九州市立文学館】と【北九州市立中央図書館】

■JR小倉駅より徒歩15分

■JR西小倉駅より徒歩10分

■勝山公園バス停より徒歩1分。

■北九州市役所前バス停より徒歩2分。

■小倉北区役所前バス停より徒歩2分。

kakumei1.jpg

駅方向から歩いて行き、階段を上ったところで、
右手側が【北九州市立中央図書館】、左手側が【北九州市立文学館】

第15回特別企画展『恋と革命に生きた女たち』も
気になるけど、昨日は中央図書館の方に用事があったので・・・。

図書館の入り口はいってすぐのところには、
こちらの建物で映画のロケが行われたということで
『図書館戦争』(原作:有川浩氏 角川文庫)の
資料やグッズや制服の展示がありました。
写真撮影もOKとのことでしたが、パンフレットをもらって帰っただけ。

kakumei2.jpg

戸畑区西鞘ケ谷にある【北九州市立美術館】は、
独特の外観ですぐにわかるのですが、
こちらもやはり『図書館戦争』のロケに使われたのですね。

北九州フィルム・コミッション
製作:"Library Wars" Movie project
制作プロダクション:セディックインターナショナル
撮影協力:防衛省 陸上自衛隊 航空自衛隊


映画は観てないけれど、原作を読んでみたくなりました。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち日豊本線沿線:北九州カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは日豊本線沿線:京築です。

次のカテゴリはです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.04