ようやく桃の袋かけ作業が終わりました。
今年は梅雨入りが早く、作業期間中は雨ばかりで袋かけが遅れてしまいました。 袋かけは病害虫や日焼けから果実を守るための大切な作業です。

  写真は早生種の「日川白鳳」です。
だいぶ色づいてきました!! 糖度はこれからの天気しだいです。116-1.jpg

 イチジクの夏果がずいぶん大きくなりました。
蓬莱柿(ほうらいし)という品種で、この辺では一番多く栽培されています。
夏果は去年伸びた枝の先端につき、秋果は今年伸びた枝につきます。
夏果は数が少なくて市場にあまり出回りませんが、大きくて味も秋果とは違います。
041-1.jpg

 桜が満開で、時折花びらがひらひら舞いきれいですね!!
桃の花も、ほぼ満開・・・今年は去年より10日ぐらい遅いようです。

 摘蕾も終わり、今は受粉作業をしているところです。
ミツバチたちもたくさん遊びに来て、手伝ってくれています!!

 048-1.jpg

 桃の蕾もかなり膨らんできました。
蕾の先がほんのりピンク色に染まっています。
花芽たちも、そろそろ咲く準備をしているようです。

 そんな中、うちの桃は20年は経つ(義父の代からの)
老木なので木に負担がかからないように、
できるだけ蕾の時に間引いてしまいます。 
もったいない気もしますが、これが「大玉」で「おいしい桃」を
作るためには大事な作業なのです。

 蕾を間引く「摘蕾」 花を間引く「摘花」 
実を間引く「摘果」と、5月中まで気の長い作業が
続きます。

いよいよ摘蕾作業の始まりです!!

川中島を中心に、「あかつき」「なつおとめ」など7種類の桃を栽培しています。                                   

今年も8本の苗木を植えました。
主人と二人で大きな穴を掘り、連作障害がおきないように新しい土に入れ替えました。
石灰・堆肥・くん炭を入れ、しっかり混ざるようにひっくり返しました。
この作業を8本分やったのだから
それはそれは・・・たいへんでした。

桃栗3年と言うけれど・・・はやく
大きくておいしい実をつけてほしいものです!!

これからは、私の住んでいるみやこ町のこと、作っている果樹(イチジク・桃)のことを書きたいと思います。

よろしくお願いします!!

最近のコメント

アイテム

  • 116-1.jpg
  • 041-1.jpg
  • 048-1.jpg